2007.06.28

携帯ガムケース マナーポッケ

以前勤めていた新宿へ久しぶりに出かけました。
新しいビルがずいぶん増えたものです。
そして道路も様変わりしていました。

自宅までの抜け道を自動車でたどってみたのですが、途中でわからなくなってしまいました。
当時(20年前)はナビもなく抜け道マップを助けに走ったものでした。

新宿駅南口の東急ハンズをたずねてみました。
4階と7階で携帯ガムケースが並べられていました。
販促員の男性に説明を受け、ためしに購入してみました。

最近街中にはゴミ箱がないのでガムをかんだ後に捨てることができず、
紙に包んだままポケットに、、、、
こんな状態です。

商品名(マナーポッケ)単価¥630
Sany0062
両面に開閉できるふたがあり、表側に粒ガムを入れ、
裏側にかみ終わったガムを収納できるというものです。
ボトルタイプの粒ガムに付属する紙もクリップで収納できます。
Sany0063

最近タバコの本数を減らしたので口寂しいときにはガムでごまかしています。
ボトルのガムはケースが大きいのですがこのケースなら手ごろですね。
携帯電話用のストラップをつけて早速使ってみましょうか。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

2007.01.21

江戸東京博物館

博物館というものにもいろいろなタイプがあります。
ひとつのテーマに絞って展示しているタイプでは専門的になれば
堅苦しくなってしまうのは無理もないことです。

江戸東京博物館

両国国技館のとなりにあるこの博物館には前から訪れたいと思っていました。
そして今回ようやく行ってきました。

入り口でチケット(一般600)円を買い、エレベーターで6階の展示場へ上がります。
原寸大の日本橋をわたると橋の下に芝居小屋の中村座が見えます。

橋の先には江戸の町並みを再現したジオラマが展示されています。
このジオラマが各所に何点かありますが、
そのボリュームと再現された人々が実に生き生きと配置されています。

Sany0048_4

Sany0071_6

ただ単に人形が配置されたのではなく、庭で木を見ながら話す人、
物売りの商人、生活している人たちの瞬間がまるで止まっているかのように描かれています。
それを覗く自分はまるで神の目でしょうか?

Sany0060_1

1階では関東大震災で倒壊した12階建ての凌雲閣が10分の1の模型で再現されています。
またこの階では戦後の新宿の闇市がジオラマで再現されています。

Sany0086_1

Sany0095_2

狭い路地の両側に並ぶ食堂の中には食事をし酒を飲む人々がとても細かい表情で並べられています。

現存する当時の品物をメンテナンスし展示するのも大変と思いますが、
絵や写真でなくこのようなジオラマで再現された展示は迫力がありその時代の空気がよく伝わってきます。

江戸時代の長屋、戦時中、昭和の住宅も原寸で再現され中も見学できます。
江戸時代の長屋はその狭さにおどろきます。
必要最低限のものに囲まれた生活は今の大量なものに囲まれた生活からは考えられないですね。

同じ狭い家でも戦時中の家とは受ける感じがだいぶ違うものです。

Sany0092_1

江戸東京博物館 http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/index.html
東京都墨田区横網1-4-1 03-3626-9974 (代表 ※9:00~17:00)

開館時間 :午前9時30分~午後5時30分 (土のみ午後7時30分まで)
休館日 : 毎週月曜日 (祝日、振替休日が休館日に当たる場合は開館、翌日休館・大相撲東京場所開催中は開館)年末年始 (12月28日~1月1日)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.08.17

ブレードランナー 池袋のチャイナタウン 知音マート

ジャッキー・チェンが現れ知り合いの店に来た悪党をぼこぼこに、ブルース・リーかも
ミスターBOOかな、
ブレードランナーのリック・デッカード=ハリソン・フォード
はたまた押井守のイノセンスの世界が、、、

体験したければすぐ行きましょう。
勇気があれば食堂もあるよ

ここはすごい、日本じゃないよ

食品の陳列もアメリカ的なアバウトさではなく大陸的なおおざっぱ、
食材の汁が棚にあっても気にしちゃいけません。

それが、

知音マートです。

見るだけじゃだめ、3品は買いなさい、
でも日本語通じるかな?

東京都豊島区西池袋1-28-6 大和産業ビル4F 営業:10:00~24:00 (定休)なし
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.26

リメイクはやりですが、サンダーバード

映画でリメイクがはやりの昨今、オリジナルを無視して楽しめばそれなりの作品でも、
オリジナルに思い込みのあるファンはがっかりしてしまうことが多いのではないでしょうか。
製作者がオリジナルの持つ一番の魅力を活かせられないことが多いような気がします。
子供のころ見たこの作品に登場するメカニックにはすっかり魅了されました。

サンダーバード ジョナサン・フレイクス監督

tb_wallpaper

40年も昔に製作されたTVのサンダーバードは、リアルなメカニック描写で、後の日本の特撮にも大分影響を与えています。
本編は糸でつられた人形で描かれていましたが、電波の受信状態のよくない家庭で見ていた人は人間が演じていると思っていたなんて話も聞いたことがあります。

新作の映画版では生身の人間が演じています。
メカニックはCGで描かれていますが、発進や着陸時の細かい描写は往年のファンも満足する出来でした。
物語は子供の観客の取り込みを意識して救助隊家族の末っ子のアランがメインで活躍する内容になっています。
またアランの年齢もオリジナルに比べ若くなっています。
このため他の兄弟(救助隊)の活躍場面が少なくなってしまいましたが、物語のテンポは良く、最後まで飽きずに楽しめました。
特にブレインズ役のアンソニー・エドワーズ(ERのグリーン先生!)は楽しんで演じています。
吹き替えもグリーン先生と同じ井上倫宏さんです。

メカニック好きの男子には受ける作品ですが、女性の観客の受けはどうでしょうか、、、
韓国でリメイクして韓流スターをそろえて韓国版サンダーバードにすれば、ヒットしたかもしれませんね。

アメリカではあまり受けなかったそうですが、ぜひ日本が舞台の続編を見てみたいです。
(雑誌のインタビューで監督が続編は日本と話してましたので)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005.01.13

iMac その後、、、

やはり余計な費用がかかるものです。
昨年中古で購入したiMacのその後。
今はパフォーマ5320が置いてあった場所でTV代わりに使用しています。
そうなると邪魔なのはパフォーマなのですが愛着があり(初めて購入したPCなので)なかなか処分できません。

iMacのほうは、CPUを233から266 MHzにクロックアップしようとしてチップ移動の際、半田を失敗。
ネットオークションで333MHzに改造したCPUを購入し再装てん、しかし作動中にフリーズが頻繁に発生し、このカードを再度266 MHzにクロックダウン。
今度は半田を失敗しないように慎重に作業し、何とか成功。
266 MHzで動作安定しました。

次の作業はTV化なのですが、前にも書いたiproTVが手に入らないので、USB接続のTVチューナー付きキャプチャーPIXELA CAPTY TVをPCショップの中古店で購入。

ところがこれが動作不安定。
USB接続なのですが起動する度にどれかの機能拡張とぶつかっているようで、装置を認識しない事がたびたび起きるのです。

うまく起動すれば、結構使えるのですが、PCでTVを視聴すると実際の放送に対しタイムラグがあるようで、一秒ほど遅いのです。
これはキャプチャーした画面も同様でした。

単体で使用するには問題ないのですが、家では通常のTVとPCが同じ部屋にある環境なのです。
ソファに座ってTVを、食事をするテーブルでPCの画面が見えるようになっていて、同時に同じ放送を見ることがよくあります。
そんな場合、音声がずれているととても気になります。
家族にも不評で改めて初代のパフォーマの偉大さが身にしみました。

パフォーマはリモコンで操作出来たので、TVとほとんど変わらない操作が出来ました。
しかしiMacではリモコンがありません。

チャンネルを変えたり、画面のサイズを変更するにはいちいちマウスで操作するかキーボードまで手を伸ばさなくてはなりません。
そこでリモコンの変わりにワイヤレスマウスを購入しました。
光学式で使いやすいのですが、15インチの画面のポインタを離れた場所から見るのはこれで結構難しいものです。

CAPTY TVが気に入らなかったところ、ネットオークションでipro TVがついているiMacのジャンク品を発見。
本体はいらないのですが、このパーツ欲しさに落札させてもらいました。
個人輸入だと、本体価格¥9000と同じぐらい送料がかかるのでばかばかしいのです。

届いたiMacを分解し、iproTVをはずします。
所有している方のiMacのメザニンスロットに移植し起動させると、ちゃんと動作してくれました。
画質は先のCAPTY TVと変わらないようですが気になるのは音質で、かなり雑音がはいって聞きづらい状態です。
どうも音源がステレオになるとだめみたいです。
まー我慢して使用しましょうか。

昨日ネットでiMac用のリモコン(デジタルメディアリモート)という製品を発見しました。
近日中に購入しようと思っています。

インターネットもそれなりにこなせていますので、もう一台のウインドウズPCが使用中でもこれを使えます。
ここ数日、久しぶりにMacを使いましたが、やはり良いものです。
これをきっかけに新しいMacを買ってしまうのかも知れません。
しかし、\9800のiMacのために一体いくら出費したのでしょうか、
新しいMacが500ドルで発売などというニュースも見ましたが、それが買えてしまうんですね。

しばらくの間Macの売り場などまったく興味なかったのですが、すっかり売り場自体が無くなってしまいました。
iPodは結構並んでいますが。ソフトを探すのも近場の小さな店では無い状態です。

さて今回の無駄使いは  

iMac 本体/¥9800、CAPTY TV/¥8000、ワイヤレスマウス/¥4580、ipro TV内蔵 iMac/\5700(送料含む)、
CPUカード/¥2800、リモコン/\7000    合計 ¥37800だって

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.08

ターミナル 空港をまるごと、、、

320268view002スピルバーグの作品は初期のレイダースなどは好きでしたが、
最近の作品はお金はかかっているけどどれも説教くさくなり好きになれませんでした。
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンではそんな部分が無くなり、とても楽しめました。
そしてこの作品も同様にスピルバーグとしてはおおがかりな仕掛けもなく(実は気付かないだけですが)
とても愛すべき作品に仕上がっていました。

ターミナル 監督 S・スピルバーグ 主演 トム・ハンクス

自国のクーデターでアメリカに入国することも出国も出来なくなったビクター(トム・ハンクス)は空港で足止めされてしまう。
問題が解決しないまま、時間が過ぎ彼は9ヶ月も空港で生活することになる。

ピンチに直面したときに肯定的に行動することの大切さをユーモアたっぷりに演じるトムから教えられます。
彼(エイリアン=異国人=ビクター)を受け入れなかった周囲の人々もやがて彼に影響されそれぞれの環境をささやかに変えて行きます。

スピルバーグの作品と知らずにこの作品を見たら、普通のコメディと思うでしょう。
しかし、さすがにお金持ちのスピルバーグなので空港を丸ごとセットで再現するという奮発ぶり。
CGでなんでも出来てしまう昨今でこんなアナログな方法を取る手法に脱帽します。
もちろん空港の景色などでCGも使用されていますが。

もし実際の空港でロケをしていたら、撮影現場の仕切りはさぞかし大変だったと思います。
このセットのおかげで主人公は空港内を自由に動き回り演じ、とても臨場感がありました。
前期のキャッチミー・イフ・ユーキャンでも60年代の時代の再現のためとてつもない費用がかけられていました。

邦画でもこれからの作品で軍艦など大がかりなセットを組んで撮影するものもあるようですが、
どんな仕上がりになるのでしょうか。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.16

安物買いのiMac

私は9800円という価格設定に弱いのです。
980円でも98000円でも反応しないのですが9800円の価格でそこそこの品物を見るとつい衝動買いしてしまします。
近所のPCショップでみかけた中古のiMacを買ってしまいました。
初期のディスプレー一体型G3、233MHz
ネットオークションではもっと安い場合もありますが、今回購入したのはほとんど未使用なので良しとしましょう。
PCに初めて触れたのはMacのパフォーマ5320ですが今はTVの機能のみで毎日リビングで使用しています。
購入した当時はこのマシンで14.4kの内蔵モデムで電話料金を気にしながらインターネットしていました。
その後PCをウインドウズに変えたのでMacからは離れていましたが、久々にMacを使ってみたくなったのです。

いつものことなのですが安い品物を買うと機能を付け足すためパーツをちょこちょこと買い集め結局高い買い物になるのです。
今回もこの中古のマシンのために大分出費することになりそうです。
1) CPUの変更 これはクロックアップでがまんしようとしたのですが、チップの半田を失敗しCPUはお釈迦になりました。オークションで新規に購入予定。
2) TV機能の追加 iproTVという拡張カードが発売されていたようですが、なにせ昔の品物なので入手困難です。手に入れたMacはなぜかこのボードがセット出来る様になっています。ネットで海外からの通信販売で見つけましたが送料が商品代金(88ドル)と同じぐらいかかるようで悩んでいます。
Mac用国内メーカーのTVチューナー付きのキャプチャーカードでがましょう。
3) HDが4Gしかないのでこれも交換予定。
これが済んだらパフォーマ5320の変わりにリビングに置こうと思っていますが、まだ健在のパフォーマも使わないのもかわいそうだしと思っています。
こちらにもLANボードを付けてADSLでインターネットしてみましたが、なにせCPUの能力(パワーPC 603e 100Mhz)が低いのでかったるくてだめでした。
こちらは同じ店で1000円でした。買った当時は30万ぐらい払ったのですが、
いまならその金額でかなり良いマシンが買えますね。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.11.08

恐るべしバカ玩具 懐かしの大怪獣特撮篇

たまたま入ったコンビニでまた無駄使い。
食玩の棚でパッケージを手に取り写真を見て驚きました。
ガメラ、ガッパはともかく、赤銅鈴の助、虹男、吸血鬼ゴケミドロの写真が、、
こんなマイナーなものまで食玩になっているとは、

特撮大百科ver.3 オリオン株式会社 ¥300
SANY0068.JPG

最近の食玩ブームで、その種類の多さには驚いていますが、
この商品のマイナーぶりには参りました。
とくに虹男は1949年の大映作品ですが、よほどの映画通でなければ見ていないと思います。
こんなのが食玩に選ばれるとは、
そして吸血鬼ゴケミドロ
これは1968年の作品で先の虹男に比べれば新しい作品ですが、
松竹のギララは知られていてもこの作品もマイナーです。

オリオンという会社は知りませんでしたが、今回ver.3なので前の商品もそれなりに売れたのでしょう。
パッケージの裏にはver.1と2の商品写真がのっていて、
親切にもこの商品を希望の方はイワクラまで問い合わせてくださいと書いてあります。
ver.1と2の商品でもガメラ吸血バージョン、ガメラ頭蓋骨、未公開のガラシャープ、バイラス人4パターンというラインナップで、これでもじゅうぶんめまいがします。
SANY0071
今回入っていたのはクリヤーバージョンのギロンでした。
ジオラマ風の土台までクリヤーであまりうれしくありません。
SANY0072-1.JPG
中には怪獣のカード(たばこカードと呼ぶそうです)3枚が入っていてラッキーカードが出るとアルバムがもらえるそうです。
そして応募券が別に1枚、
これは100枚!集めるとイリス(ガメラの怪獣)のフィギュアがもらえます。
いったいいくらかかるのでしょうか?

そしてイワクラのHPを見ると、、、、、
ただものではありません、この会社は、

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.02

幻の湖 忍耐!

橋本忍が脚本を担当した作品は、黒澤作品羅生門、七人の侍や風林火山、私は貝になりたい、ゼロの焦点 日本のいちばん長い日、人間革命、日本沈没、砂の器、八甲田山とそうそうたる作品ばかりです。
1974年の砂の器、1977年の八甲田山の成功で自ら監督した作品が幻の湖です。

幻の湖 橋本忍監督 1982年 東宝 東宝50周年記念作品

もしこの作品が橋本忍が脚本、製作のみで監督が他の人が担当していたら、どう仕上がっていたのでしょう。
難解な映画はたくさんありますが、この作品は難解ではありません、
ただ退屈で長く(164分!)平坦な演出が問題なのです。
そして主演の女優(南条玲子)の演技のへたくそさ、、

出演した俳優たちは作品の出来上がりをどんな気持ちで見たのでしょうか。

餅は餅屋、の見本のような映画でした。

素人でも映画を撮るのは夢です。そしてある程度の資金が確保できれば監督したくなるのもわかります。
でも大抵失敗してます、話題にはなりますが。

春来る鬼(小林旭) カンバック(ガッツ石松) ACRI(石井竜也) 稲村ジェーン(桑田圭祐)
どうでした?


| | Comments (0) | TrackBack (0)

西部警察 復活!

一昔前は、TVの人気ドラマには刑事ドラマが必ず入っていました。
TVの限られた予算の中でカーアクション、銃撃戦、などを織り込み楽しませてくれました。
しかし、その中で他の刑事ドラマとは比べ物にならない予算で放送されていたのが石原プロの西部警察でした。
大都会から始まったシリーズはしぶいドラマのパート1から松田優作が出演するパート2からはアクションシーンが派手になりパート3を経て、放送局を変えてほとんど同じスタッフで西部警察へと衣替えします。

国会議事堂の前を装甲車を走らせたり、爆破シーンの火薬の量も増えました。
しかしその分物語のリアリティは無視、
渡哲也扮する大門団長はショットガンを弾数無制限にぶっ放していました。
場面によっては、ポンプアクションしても発射音のみで薬きょうすら出ていませんでした。

今回スペシャルで放送された西部警察では、亡き石原裕次郎に代わり渡哲也が課長を務め、
軍団長は、舘ひろしにバトンタッチ。

諸事情で一年待ったこともあり、久々の刑事ドラマなので期待が大きくなりすぎました。

以前の西部警察では大門の部下の刑事にもキャラクターがはっきり分かれて描かれていたのですが、
今回は舘ひろしの部下は若手の無名俳優なので舘ひろしや渡哲也のほうが目立っていました。

残念だったのはアクションシーンにもかなりの費用が掛かっているようなのに、撮影がフィルムではなく
VTR撮影に変わっていたことです。
ドラマ主体ではこれでも良いのですが、アクションシーンなどはVTRの画質ではどうしても安っぽく見えてしまいます。
車が走るシーンではVTRのスピードを変える小細工をしていますが、これも逆効果でした。

銃撃シーンはハリウッドの映画で見たような場面ばかりだし、、、
そして、一番の問題は、
かつての西部警察の最終回で(たしかスペシャル)大門団長死んでます!

| | Comments (0) | TrackBack (0)