2006.08.17

千登利 やきとんとホッピーで千鳥足!

子供の頃、自宅近くのスーパーマーケットの前にやきとんの屋台が出ていました。
売られていたのはシロ、レバーの二種類だけでしたがとてもおいしかった記憶があります。
当時はその串に刺さっていたやきとんをずっと焼き鳥と思い食べていました。

池袋の西口ロマンス通りにあるやきとん 千登利(ちどり)へ行ってきました。
以前から気になっていた店でメニュー内容などは友人から聞いていました。

ロマンス通りといえば有名なロサ会館があり、学生時代にはこの中の店によく通ったものです。
千登利はロサ会館の並びにあります。
夕方5時過ぎにの店内の席はは8割方先客で埋まっていました。
カウンターの空いている席に今日の相方(奥さんです)と座ります。
目の前には大きな鍋で大きな豆腐が肉と一緒に良い具合に煮えています。
その少し横には焼き台で串に刺さった料理が焼かれています。
「飲み物は何にします?」と焼き台のおやじさんに尋ねられます。
壁のメニューを眺めてホッピーを注文。
「シロ、クロどちらですか?」と再びおやじさん。
クロを頼みました。ここで第一関門終了です。
最近はぐるなびやホットペッパーなどのHPで前もってメニューを調べられるのですがこのお店は掲載されていませんでした。
注文したホッピーはまず焼酎がグラスに目一杯、そして氷の入ったジョッキ、黒ホッピーのビン、そしてアイスペールの氷がさらに別に用意されるという完璧な状態です。

再びメニューを見て目の前の鍋の牛肉豆腐と串焼きのシロ、なんこつを頼みました。

ホッピーを飲みつつ味わったやきとんはおいしいとても懐かしい味でした。
そして友人から聞いていたかぶを注文。(これはメニューに書いてありません)
まるごとのかぶが四つに切られていて味噌をつけていただきます。新鮮なかぶの甘みに味噌の味が良く合っていました。

さらにホッピー用の焼酎を追加して良い気分で店を出ました。

次回はもう少しスマートに注文出来るかもしれません。

千登利(ちどり)
東京都豊島区西池袋1-37-15西形ビル1階

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.01.16

ネットでお取り寄せ ふぐちり

ネットのおかげでわざわざ買い物に出かけなくても、良い品物を手に入れられるので便利です。
PCのソフトウェアに限らず、食品も取り寄せられますが、これは一度頼んで見ないことには味が判りません。
年末に正月用にふぐでも頼んでみようと色々調べて頼んでみたのですが、とてもおいしくいただきました。
YAHOOショッピングで見つけたこのお店に注文しました。

下関さかい 下関の老舗ふぐ問屋
http://store.yahoo.co.jp/fugudonya/index.html

今回このお店に注文したのは

山口県産下関 刺身用とらふぐタタキ3本セット 4,200円
山口県産下関とらふぐのアラ(300g) 1,500円
とらふぐのひれ25枚入り 1,500円の3点です。
fugudonya_1826_862312
fugudonya_1826_522601

アラとタタキは冷凍されてパックされていました。
タタキは半解凍してよく研いだ包丁でななめに薄く切ります。

アラは解凍して野菜(白菜、ねぎ、大根、しいたけ、にんじん)などと一緒にちりなべにします。
そしてふぐひれはあぶってから熱燗の日本酒に入れてマッチで火をつけアルコールをとばしてからいただきます。

私は今回アラを3パック注文したのですが、家族4人で3回ちりなべを楽しみました。
タタキもとてもおいしくてさしみにひけをとらない味です。
そしてなべの締めくくりはやはりおじやです。
ふぐのうまみの集まったスープでつくるおじやは絶品です。
これだけ楽しめてこの値段には十分満足しました。

お店の対応もとても親切で、今回注文した直後にアラがサービス値段に変更になっていたのですが、
その代わりにとわかめのふりかけをサービスで送ってもらいました。
お店で食べると高い料理も安くいただけるのはありがたいことです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.07

寿司職人になろう

スーパーも最近は夜遅くまで営業しています。
7時ごろ行くと、生鮮食品は半額や割引になっているものがあります。
もっともあまり遅い時間に行っても売り切れていますが。

これをねらって刺身を買い、自宅で寿司をつくれば安く食べられます。
手間をかけるならアジなどは自分で三枚におろします。
すじこを醤油漬けにして、
卵焼きは自分で焼きます。
するめいかは刺身用を切って、足は塩辛にします。
家族4人で1000円から2000円で材料はそろうでしょう。

切るのが面倒ならパックの刺身盛り合わせを使えばもっと簡単です。
しょうがの酢漬けも忘れずに。
SANY0170.JPG
シャリを握るのが面倒ならラップでくるんだ寿司めしを巻き簾で巻いてから切り、皿に並べます。
その上にねたを乗せていけばカリフォルニアロール風に簡単にできます。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2004.06.22

さるでも出来る料理 揚げもち

あまりに簡単なので、結構知らない人がいる料理です。
しかし、ほんとにう!うまいんです。

用意するもの
1.もち、パックのでいいよ
2.サラダ油
3.大根
4.しょうゆ


作り方
1.フライパンにサラダ油を入れる(たくさんじゃなくてOK、ひたひたぐらいで)
2.サラダ油が熱くなったら、もちを投入、
3.サラダ油は少しなので、片面ずつ熱し揚げる。
4.もちがふくらんでややキツネ色になったら出来上がり。
5.大根おろし(あらかじめ用意)をかけて、しょうゆをたらし出来上がり。

食べたことないと油っこいようですが、だいこんおろしでいただくとあっさりとして何枚も食べられます。
でも食べ過ぎるとあとで胃がもたれるので注意!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.20

赤ワイン もつ煮込のレシピ 

日本酒だけでなく、ワインにも合う酒の肴。もつ煮込みのレシピです。

用意するもの
1.もつ(豚でも牛でもOK) 適当 4人分で200グラムぐらいでしょうか
2.赤ワイン 1.5カップ
3.ねぎの青いところ 少々
4.タイム、ローリエなど
5.赤味噌 大さじ4はい
6.砂糖 大さじ1ぱい
7.水 3カップ
8.ねぎ

作り方
1.もつを煮る(最初に水でさっと茹でて取り出す)
2.1の取り出したもつに赤ワイン、水3カップ、ねぎの青い部分、タイム少々、ローレル1枚、砂糖を加え鍋で煮る。
3.2の鍋にアクがたまったら取り除く。
4.弱火で3時間くらい煮る(途中で煮詰まったら水を適当に足す)

もつがやわらかくなったら出来上がりです。細かく刻んだねぎをのせていただきます。

好みで豆腐、ゆで卵を一緒に煮込んでもOKです。
酒の肴なのでシンプルに作ってありますが、おかずにするなら、大根、にんじんなどを入れても良いです。

味噌もワインも材料はすべて安いもので十分です。砂糖の分量さえ間違えなければ、あとで味は調整できます。
白みそとの合わせ味噌を入れるなど、色々試してください。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.06.09

焼き鳥のおいしい店は

menyu
板橋区大山の川越街道沿いの鳥多希は焼き鳥のおいしい店です。
気が付かなければ通り過ぎてしまいそうなこじんまりとしたお店ですが、
炭の香りのする店内は20人も入れば満席(カウンターと座敷)
5時の開店とともに待ち構えていたお客さんですぐにいっぱいになります。
入り口横では炭火で焼き鳥を焼いていて持ちかえりも可能です。
私が子供の頃は母親がいつも買い物ついでに手羽先(絶品!)を買ってきてくれました。

店に入るとメニューが書かれた紙がずらりと店内に貼ってあり、
それを見ながら手羽先、やきとり、レバ刺しなどを注文し、飲み物はホッピーや樽酒などを頼みます。
黒ホッピーなどもあり、これはこくがあっていけます。

一人で飲むのならカウンターでTVの野球をみながら、2.3人なら座敷のテーブルで、、、

いつも混んでいるので、店を覗いてみて、すぐに入れたならばかなりの幸運でしょう。

hamachan
このお客サンの笑顔をみれば味はわかるでしょ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)