« 憑神(つきがみ)  | Main | マシンガンプリーチャー »

2007.07.08

トゥモローワールド またまたマイケルケインが!

もしもこの世の中に子供がいなかったら、
それは希望のない殺伐とした世界でしょう。

トゥモローワールド 監督アルフォンソ・キュアロン

映画を観るときにいかにその虚構の世界に感情移入出来るかが楽しめる鍵でしょう。
この作品の世界では18年間も子供が生まれないという状況が描かれています。
もしもそんな事態になったら人間は希望を持って生きてはいけないでしょう。

普段当たり前に存在する未来への架け橋があるときからぷっつりと途絶えてしまったとしたら、
この映画のように人々は争いと、過去への郷愁のみ依存するようになっても仕方ないのでしょう。

暗いテーマの作品ですが、コミカルな面とシリアスな面が交互に描かれていて
それがより現実味を感じさせます。

主人公も周りも滑稽な人間ばかりです。
主演のクライヴ・オーウェンの描かれ方もヒーローとしては扱われていません。
逃亡中に靴を失いビーチサンダルしか履けないというなさけない場面も、、

長回しのカットの場面が多いのですか、
どれも良く出来た絵なのでうっかりするとその緻密さにも気づかないほどです。
まるでドキュメンタリーの一場面のようでもあります。
圧巻なのはラスト近くの戦場での場面です。
ビルに入る主人公テオを追うカメラはカットを変えることなく延々と砲撃され、銃弾の中をさまよう様子を写します。
この撮影にはいったいどの程度の準備が必要だったのかと驚かされます。

未来世紀ブラジル
に似た雰囲気を持った作品ですが、
トゥモローワールドのほうがブラックユーモアを前面には出していません。

主人公テオを助ける友人としてマイケル・ケインが出演しています。
でもその風貌からは最初は彼とは気がつきませんでしたが。

映画評で名優(マイケル・ケインのこと!)がおかしな役で出演していて気の毒と書かれていました。
マイケル・ケインはイギリスを代表する名優でサーの称号も得たほどです。

しかしこんな役を彼が演じるのは決して不思議なことではありません。
なにしろこの役者は役を選ばないんですから。
それなければ ポセイドンアドベンチャー2、ジョーズ87復讐編、オースティンパワーズ、なんて出ないはずです。
なにしろジョーズの撮影でアカデミー賞を欠席したほどですから。

|

« 憑神(つきがみ)  | Main | マシンガンプリーチャー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22122/15694020

Listed below are links to weblogs that reference トゥモローワールド またまたマイケルケインが!:

« 憑神(つきがみ)  | Main | マシンガンプリーチャー »