« 犬神家の一族と硫黄島からの手紙 | Main | 携帯ガムケース マナーポッケ »

2007.01.21

江戸東京博物館

博物館というものにもいろいろなタイプがあります。
ひとつのテーマに絞って展示しているタイプでは専門的になれば
堅苦しくなってしまうのは無理もないことです。

江戸東京博物館

両国国技館のとなりにあるこの博物館には前から訪れたいと思っていました。
そして今回ようやく行ってきました。

入り口でチケット(一般600)円を買い、エレベーターで6階の展示場へ上がります。
原寸大の日本橋をわたると橋の下に芝居小屋の中村座が見えます。

橋の先には江戸の町並みを再現したジオラマが展示されています。
このジオラマが各所に何点かありますが、
そのボリュームと再現された人々が実に生き生きと配置されています。

Sany0048_4

Sany0071_6

ただ単に人形が配置されたのではなく、庭で木を見ながら話す人、
物売りの商人、生活している人たちの瞬間がまるで止まっているかのように描かれています。
それを覗く自分はまるで神の目でしょうか?

Sany0060_1

1階では関東大震災で倒壊した12階建ての凌雲閣が10分の1の模型で再現されています。
またこの階では戦後の新宿の闇市がジオラマで再現されています。

Sany0086_1

Sany0095_2

狭い路地の両側に並ぶ食堂の中には食事をし酒を飲む人々がとても細かい表情で並べられています。

現存する当時の品物をメンテナンスし展示するのも大変と思いますが、
絵や写真でなくこのようなジオラマで再現された展示は迫力がありその時代の空気がよく伝わってきます。

江戸時代の長屋、戦時中、昭和の住宅も原寸で再現され中も見学できます。
江戸時代の長屋はその狭さにおどろきます。
必要最低限のものに囲まれた生活は今の大量なものに囲まれた生活からは考えられないですね。

同じ狭い家でも戦時中の家とは受ける感じがだいぶ違うものです。

Sany0092_1

江戸東京博物館 http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/index.html
東京都墨田区横網1-4-1 03-3626-9974 (代表 ※9:00~17:00)

開館時間 :午前9時30分~午後5時30分 (土のみ午後7時30分まで)
休館日 : 毎週月曜日 (祝日、振替休日が休館日に当たる場合は開館、翌日休館・大相撲東京場所開催中は開館)年末年始 (12月28日~1月1日)

|

« 犬神家の一族と硫黄島からの手紙 | Main | 携帯ガムケース マナーポッケ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22122/13598816

Listed below are links to weblogs that reference 江戸東京博物館:

« 犬神家の一族と硫黄島からの手紙 | Main | 携帯ガムケース マナーポッケ »