« 日本沈没 男前な田所博士 | Main | 日本沈没 第二部 »

2006.06.29

再び新作日本沈没について

映画が気に入ったので劇場公開(7月15日)されたらぜひもう一度じっくり観たいと思っています。
日本沈没は良かったです。
サントラ版CDもまだ発売されていないので(こちらは7/26の発売)7/15の公開までは我慢と思っていたところ
日本沈没大辞典という映画の内容の案内のDVDが発売されていたので早速購入してみました。
アルファベット順で映画の登場人物、専門用語などが説明されています。
映画の予告編、ダイジェスト版が収録されていて旧作の予告編も収められています。
劇場公開まではこのDVDで脳内補完再生することにしました。

昔は映画を見たあとはサントラ版レコードを聞きながらパンフレットを眺めたりノベライズを読んだりして思い出したものです。
そのあとは名画座で再映されるのを待つかTVの映画劇場で放送されるまでじっと我慢でした。
最近は劇場で公開されてから半年も待てばDVDが発売されるのでうれしいのですが、好きな作品を待ちつづけてやっと再会できたときの喜びはなくなりました。

樋口真嗣監督はインタビューで自分ひとりでは今回のような作品内容には仕上げられなかったと言っていました。
旧作に思い入れのある監督だから旧作(オリジナル)に忠実に再現したいという気持ちもきっとあったでしょう。

樋口監督の第一回監督作品 ローレライは興行的に成功を収めました。
この作品は樋口監督の趣味が良く出ていた作品でその点で評価がわかれた事もあったようです。

私はローレライも好きでしたので、ローレライのような作風で撮られた日本沈没もありかなと思っていました。
しかし出来上がった作品はそんな想像とは違う内容になっていました。
前作を意識して観た私ははじめは少しとまどってしまいました。

新作日本沈没は前作を知っていればより楽しめる作品ですが、全く別な作品と考えて観たほうが良いですね。
アルマゲドンからはじまった泣かせるパニック映画(泣きパニ)の路線です。

旧作、新作ともに日本列島が海の底に沈むという荒唐無稽な設定が軸になっていますのでこの世界観で演じられる物語について細かいあら捜しをすればきりがないでしょう。素直に楽しみたいものです。
映画を観ている2時間15分の間画面にひきつけられてしまえば監督の勝ちなのですから。

旧作では大災害への対応として何もしない方が日本民族のためだという問いかけがあり、それでも日本民族を退避させようと努力する人々の群像劇になっていました。
丹波哲郎演じた山本総理の(10000人がだめなら1000人でもそれがだめならば1人でも助けたい)という台詞に良く表れていました。

災害に直面したときの人間の無力さ、結局日本は沈み、海外に進出しても日本民族が戻れる国 日本列島=母親の懐 を失います。
小野寺(藤岡弘)阿部玲子(いしだあゆみ)は避難するときに離れ離れになってしまいます。
それでもエンディングで地球のどこかで太陽を見つめる小野寺の表情には戻るべき祖国を失った悲しみを乗り越えての希望が表れているようでした。
小野寺も玲子も再会することは出来ないでしょう、そして地球のどこかでそれぞれの新しい相手と子供をつくり新しい日本民族の血を継いで行こうとするのでしょう。

一方新作では何もしないほうが良いという台詞は再び語られていますが、田所博士(豊川悦司)のもとで科学技術で沈没に対し立ち向かう人々の勇気が描かれています。
小野寺、阿部玲子の二人、田所、鷹森(大地真央)の二人のパートが交互に描かれやがて大団円へと向かっていきます。
田所博士の場面で繰り返し流れる音楽(岩代太郎)も良くできていて小野寺、玲子のパートのしっとりした雰囲気と違いメリハリがきいています。

ローレライでも主張されていたテーマ(あきらめるな)がこの作品でもとても生きています。
前作になかったカタルシスが新作にはあります。


|

« 日本沈没 男前な田所博士 | Main | 日本沈没 第二部 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22122/10721327

Listed below are links to weblogs that reference 再び新作日本沈没について:

» 日本沈没 [Rohi-ta_site.com]
試写会で、出演:草〓 剛/柴咲コウ/豊川悦司/大地真央/及川光博/福田麻由子/吉田日出子/柄本 明/國村 隼/石坂浩二/原作:小松左京/脚本:加藤正人/監督:樋口真嗣/作品『日本沈没』を観ました。 ●感想  ・『ガメラ』シリーズや『ローレライ』で特撮技術の高さを示した樋口真嗣監督が小松左京氏の代表作『日本沈没』をリメイクしたと言うことで、10年前に原作を読んだ私としては我慢出来ずに試写会に行って参りました。  ・原作を読んだと言っても、もう10年も経っているので細かい事はすっかり忘..... [Read More]

Tracked on 2006.07.07 at 09:53 PM

» ■樋口真嗣監督 『日本沈没』 [★究極映像研究所★]
 森谷司郎監督の前作がデザスターパニック映画だったとすれば、今回は特撮SF映画。 [Read More]

Tracked on 2006.07.18 at 12:33 AM

» 【劇場鑑賞71】日本沈没 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
「日本は一気呵成に沈んでいくんだ!!」 「守りたい人がいるんです。 奇跡は起きます。起してみせます!」 国土だけではなく、心まで失ってしまうのか? 1億2000万人、すべての日本人に捧ぐ―― ... [Read More]

Tracked on 2006.07.22 at 05:37 PM

» 日本沈没 06年151本目 [猫姫じゃ]
日本沈没 1973年版こちら 2006年  樋口真嗣 監督草磲剛 、柴咲コウ 、及川光博 、豊川悦司 、福田麻由子 、吉田日出子 、大地真央 泣かせます、、、かなり良かったです。 これはまぁ、壮大なSFなんだケド、...... [Read More]

Tracked on 2006.08.02 at 02:52 PM

« 日本沈没 男前な田所博士 | Main | 日本沈没 第二部 »