« ローレライ 燃える映画! | Main | 深呼吸の必要 なんくるないさ- »

2005.03.12

Uボートにあってローレライにないもの

ローレライでの感想を再び、
鑑賞中に潜水艦映画の傑作 Uボート(1981年 西ドイツ 監督 ウォルフガング・ペーターゼン)の記憶がついよみがえってきました。
SANY0108

ローレライで見たかった場面、
夕日を浴びて航行する潜水艦
狭い艦内での乗員の極限状態
乗組員が食事をする日常描写
航海によって汚れていく乗員

ローレライではこれら、潜水艦の中での物語りで描きたくなる(というより描きやすい)場面がありません。
食堂の場面や出演者の顔に無精ひげ、、
これらもあっさりと描かれています。

艦長の帽子も白くまぶしく、
ヒロインパウラにいたっては良い環境とはいえないのに終始美しく可憐に描かれています。

ローレライを見た後にUボートを改めて見てこんな点の疑問や不満が解決しました。

Uボートで既に描かれた前述の描写を樋口監督は意識してローレライでは排除したのではないでしょうか。
物語こそ違うけれど、これらを細かく再現してもUボートの二番煎じになってしまったでしょう。
Uボートでは出航前の艦長や乗員は凛々しいのですが、航海が進むにつれ精神に異常をきたす者、
乗員皆が極限状態で疲労していく。
途中物資補給のやめ寄港した時に、出迎える者にその薄汚れた容姿のため部下が艦長と思われ先に握手されてしまうほどです。

撃沈させた敵艦の乗員が火だるまになっていても救助出来無いこと
潜水し敵からの攻撃をただじっと待つだけの恐怖
水圧で徐々に破壊される船内での様子
こんな状況でたどりついた港で待っていた結末、、、
Uボートが進む場面での勇壮な音楽とは別に物語は戦争の現実を重く訴えています。

戦争での極限状態と敗北が軸になっている点は共通していますがUボートは否定的な結末で幕を閉じます。
ローレライでは敗戦国としての事実は変えずに再生を感じさせる結末になっています。

ファンタジーの要素を持たせることでこの結末が得られたのです。
そしてこのファンタジーの部分を活かすためにはリアルさを押さえても絵のスマートさを優先させることが必要であったのでしょう。

|

« ローレライ 燃える映画! | Main | 深呼吸の必要 なんくるないさ- »

Comments

はじめまして。
色々回っていてこちらにたどりつきました。
それこそ私は「Uボート」と同じようなものを期待して観にいってしまったので敗退して帰ってきました。

新聞のインタビューなどを見ると「潜水艦映画ならではの、閉塞感のなかの群像劇」を書いた遭難ですが…どこだったか私にはわかりませんでした。

かがり かなでさんはじめまして
コメントいただきありがとうございます。
Uボートには比較にならない作品ですね、
しかし私には愛すべき邦画の一本になりました。

Posted by: かがり かなで | 2005.03.12 at 02:22 PM

Today, I went to the beach front with my children. I found a sea shell and gave it to my 4 year old daughter and said "You can hear the ocean if you put this to your ear." She placed the shell to her ear and screamed. There was a hermit crab inside and it pinched her ear. She never wants to go back! LoL I know this is entirely off topic but I had to tell someone!

Posted by: broken air conditioner | 2015.10.18 at 11:37 PM

I was able to find good information from your articles.

Posted by: living in houston | 2015.10.19 at 08:58 AM

With Cassini, it can be worse to place well in search results lose a sale than to have not appeared at all. Here comes the role of search engine optimization as it helps in developing the content in better ways. You can create a video about your product or service that you offer on your website and post that on You - Tube.

Posted by: gsa search engine ebook | 2015.10.22 at 06:12 AM

Fortuitously this plot was found and Guy Fawkes was arrested earlier than he may put a match to the gunpowder that he had secreted below the Houses of Parliament. The perennial diva formed Destiny's Child while still in high school in her native Houston, Texas, and as the group stripped down its lineup to include Beyonce, Kelly Rowland and Michelle Williams and secured fame due to hit singles like "Say My Name" and "Bug a Boo," Beyonce emerged as the unofficial frontwoman of the girl-powered group. There are also varieties of wigs that are a combination of hand-tied and machine-tied hair.

Posted by: عالم الأبراج | 2015.10.23 at 04:32 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22122/3265386

Listed below are links to weblogs that reference Uボートにあってローレライにないもの:

» ローレライ [うぞきあ の場]
多分、この映画のブログを書く人は同じことを書くと思う。 でも、あえて書く。 作者の福井氏が唱えるように、“ガンダム”の影響を受けている。 そして、“宇宙戦艦ヤマ... [Read More]

Tracked on 2005.03.12 at 10:40 AM

» ローレライ [PICO*THEATRE ]
祖国を守るため、彼女を守るしかなかった…これは本当に終戦60周年の作品なのだろうか…。映画を単なる娯楽として消費する物なら、これが海外の作品だったなら「まあ、こ... [Read More]

Tracked on 2005.03.12 at 02:19 PM

» ローレライ関連のトラックバックセンター [ブログニュース速報@トラックバックセンター]
福井晴敏原作、樋口真嗣監督の映画ローレライに関連するトラックバック ローレライ(ろーれらい) 2005年3月5日東宝邦画系劇場公開 監督:樋口... [Read More]

Tracked on 2005.03.13 at 01:02 PM

» ローレライ [Rohi-ta_site.com]
ビデオで役所広司、柳葉敏郎、妻夫木 聡、香椎由宇、出演の「ローレライ」を観ました。 ●ストーリー 1945年8月、広島に最初の原子爆弾が投下されて間もなく、海軍軍令部作戦課長の浅倉大佐(堤 真一)は、かつての名艦長で現在は閑職に回されていた絹見少佐(役所広司)を呼び出すと、ドイツ降伏後、日本海軍が密かに入手していた潜水艦「伊507」の艦長に任命し、日本を救うため原爆を積んだ爆撃機が離陸するテニアン島への奇襲攻撃を命じる。 定員にも満たない、寄せ集めの乗組員達を厳しい訓練で鍛えながら..... [Read More]

Tracked on 2005.08.26 at 03:36 PM

» 映画『ローレライ』(LOERELEI)樋口真嗣・福井晴敏 [~Aufzeichnungen aus dem Reich~ 帝国見聞録]
気鋭の人気ミステリ作家福井晴敏と、平成『ガメラ』で名を馳せた樋口真嗣監督が、強力タッグを組んで放つ壮大なスケールの潜水艦アクション巨編!! ということで、今回はいつになく激しくネタバレで行きます。 でも、これ読んでから観てもガッカリすることはないと思..... [Read More]

Tracked on 2005.11.27 at 11:21 PM

« ローレライ 燃える映画! | Main | 深呼吸の必要 なんくるないさ- »