« 頭脳派スパイ、ボーンスプレマシー | Main | ローレライ 燃える映画! »

2005.02.16

アイ・ロボット それはアトムから

ロボットのイメージは年代によって違うと思います。
タンクタンクロー、アトム、鉄人28号、マジンガーZ、ガンダム、パトレイバー、、、、
私の世代ではやはり鉄腕アトムです。

アイ・ロボット 監督/アレックス・プロヤス

この作品は日本のアニメからアイデアを大分もらっています。
まず鉄腕アトムの世界感、
そしてパトレイバー、甲殻機動隊、などどこかで見たような設定がたくさん描かれて楽しめます。
ロボットが意思を持ち本来仕えるべき人間に反乱するという話は珍しくありません。
この映画ではそんな要素に刑事ドラマのバディ物の設定を含ませ物語に深みを持たせています。
エイリアンネイション監督グラハム・ベイカー 1988年では異星人と人類の共存する世界での物語でした。
そしてこの作品では主人公の刑事の相棒の刑事は異星人でしたが、アイ・ロボットではその設定をそのまま異星人からロボットに変更したような感じです。

主人公の刑事デル・スプーナー(ウィル・スミス)の設定に仕掛けがあり、センスのない脚本なら彼もロボットだというどんでん返しがクライマックスに描かれるのでしょうが、そこは少しひねりがありました。

強いロボットと戦うには生身の身体では無理でしょうが、この設定には納得しました。
ロボットが大量に現れるCG場面は平坦ですが、細かい設定でそんな部分も補われています。

|

« 頭脳派スパイ、ボーンスプレマシー | Main | ローレライ 燃える映画! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22122/2960400

Listed below are links to weblogs that reference アイ・ロボット それはアトムから:

« 頭脳派スパイ、ボーンスプレマシー | Main | ローレライ 燃える映画! »