« この素晴らしき世界、スウィングガールズ | Main | 頭脳派スパイ、ボーンスプレマシー »

2005.02.13

宮崎アニメの集大成 ハウルの動く城

前作千と千尋でアニメはもう製作しないと言っていた宮崎駿監督、
しかし監督がリタイヤすることを世間は許してくれませんでした。

ハウルの動く城 監督/宮崎駿

宮崎駿の新作です。見る前にいろいろな声が入ってきてしまい、少し不安があったのですが、
作品を見るとそんな気持ちは消えてしまいました。

魔法で90歳にされてしまった少女と動く城に住む青年ハウルの物語。
そんな風変わりな設定も宮崎駿の演出で素敵なまんが映画に仕上がっています。

もののけ姫は少し重く、千と千尋のあっさりとしたエンディングには少し不満足でした。

今回のハウルは宮崎駿本来の持ち味を生かしたまんが映画そのものです。
またハウルは宮崎作品の様々なエッセンスが満載です。
ルパン、魔女の、ラピュタ、ナウシカ、もののけ、トトロ、紅の豚、
いろいろな作品の記憶がよみがえってきました。

良い作品に触れたとき、
その中の登場人物に会いたくなることがあります。
私はハウルの城をたずねたいと思いました。

この映画を見たあとに、宮崎駿はもう映画を作らないような気がしたのですが、、、

|

« この素晴らしき世界、スウィングガールズ | Main | 頭脳派スパイ、ボーンスプレマシー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22122/2911669

Listed below are links to weblogs that reference 宮崎アニメの集大成 ハウルの動く城:

« この素晴らしき世界、スウィングガールズ | Main | 頭脳派スパイ、ボーンスプレマシー »