« バイオハザード2 ゲームの恐怖再び | Main | 宮崎アニメの集大成 ハウルの動く城 »

2005.01.30

この素晴らしき世界、スウィングガールズ

123高校のころ8ミリフィルムで映画を撮ろうと友人といろいろな場所へ撮影に出かけました。
撮影ミスで無駄にしたフィルムは多かったのですが、結局作品になりませんでした。
しかし今思い出しても楽しい経験でした。学生時代に夢中になった楽しい時間でした。


スウィングガールズ 監督/矢口史靖 2004年

この作品のDVDがいよいよ発売されるので楽しみにしています。

何か夢中になれるものに出会うきっかけはこの作品に描かれた感じだと思います。
自分のやりたいことが何か、最初から目標が決まっている人は少ないでしょう。

目標が見つかって、そのことへの思いが強くなり周りの者さえも引き込んでしまうのは見ていて爽快でした。
矢口監督の前作ウォーターボーイズに似ている、二番煎じとの評価も聞きましたが、私は前作は見ていないので素直にこの作品を楽しめました。

以前の邦画でこの手の物語を描くと登場人物の友情や挫折をメインにしてお涙頂戴の作品になってしまうのが常でした。
この作品ではひたすら明るく話が進み楽しめました。
音楽も良く、技術云々ではない魅力がたっぷりでした。
資金稼ぎに山へマツタケを取りに出かけた主人公たちがいのししに出会う場面は最高です。
凝った画面にBGMは
ルイ・アームストロングのWhat a wonderful world!
予想外の展開に大笑いしました。


|

« バイオハザード2 ゲームの恐怖再び | Main | 宮崎アニメの集大成 ハウルの動く城 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22122/2743390

Listed below are links to weblogs that reference この素晴らしき世界、スウィングガールズ:

« バイオハザード2 ゲームの恐怖再び | Main | 宮崎アニメの集大成 ハウルの動く城 »