« エイリアンVSプレデター 次の対戦相手は? | Main | トムの俺様映画 コラテラル »

2005.01.08

ターミナル 空港をまるごと、、、

320268view002スピルバーグの作品は初期のレイダースなどは好きでしたが、
最近の作品はお金はかかっているけどどれも説教くさくなり好きになれませんでした。
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンではそんな部分が無くなり、とても楽しめました。
そしてこの作品も同様にスピルバーグとしてはおおがかりな仕掛けもなく(実は気付かないだけですが)
とても愛すべき作品に仕上がっていました。

ターミナル 監督 S・スピルバーグ 主演 トム・ハンクス

自国のクーデターでアメリカに入国することも出国も出来なくなったビクター(トム・ハンクス)は空港で足止めされてしまう。
問題が解決しないまま、時間が過ぎ彼は9ヶ月も空港で生活することになる。

ピンチに直面したときに肯定的に行動することの大切さをユーモアたっぷりに演じるトムから教えられます。
彼(エイリアン=異国人=ビクター)を受け入れなかった周囲の人々もやがて彼に影響されそれぞれの環境をささやかに変えて行きます。

スピルバーグの作品と知らずにこの作品を見たら、普通のコメディと思うでしょう。
しかし、さすがにお金持ちのスピルバーグなので空港を丸ごとセットで再現するという奮発ぶり。
CGでなんでも出来てしまう昨今でこんなアナログな方法を取る手法に脱帽します。
もちろん空港の景色などでCGも使用されていますが。

もし実際の空港でロケをしていたら、撮影現場の仕切りはさぞかし大変だったと思います。
このセットのおかげで主人公は空港内を自由に動き回り演じ、とても臨場感がありました。
前期のキャッチミー・イフ・ユーキャンでも60年代の時代の再現のためとてつもない費用がかけられていました。

邦画でもこれからの作品で軍艦など大がかりなセットを組んで撮影するものもあるようですが、
どんな仕上がりになるのでしょうか。


|

« エイリアンVSプレデター 次の対戦相手は? | Main | トムの俺様映画 コラテラル »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22122/2506494

Listed below are links to weblogs that reference ターミナル 空港をまるごと、、、:

« エイリアンVSプレデター 次の対戦相手は? | Main | トムの俺様映画 コラテラル »