« 日本版 黄昏 輝く湖にて NHKドラマ | Main | 安物買いのiMac »

2004.11.20

橋爪功という役者

放送中のTVドラマ 新・京都迷宮案内がおもしろい。
京都日報社会部の遊軍記者・杉浦恭介(橋爪功)が主人公の物語
杉浦が事件を取材することを軸に進みます。
サスペンスの要素もありますが、
事件を取材するひょうひょうとした杉浦の姿が愉快です。
そして彼を取り巻く人たち。
社会部担当デスク、橘つた子(野際陽子)
杉浦の同僚、曽ヶ端渚(国生さゆり)
京都府警総務部長、大洞浩次郎(北村総一朗)
杉浦の上司、円谷晋作(小木茂光)

それぞれが役を楽しんで演じているように見えます。
とくに橋爪功と北村総一朗の無邪気なやりとり(子供同士がじゃれているようです)は楽しめます。

事件の取材の過程はユーモアを交えた進行ですが最後はしっかりしめてくれます。
この時それまでへらへらしていた杉浦が厳しい表情になるという変化が物語りにめりはりをきかせています。
大人が楽しめるドラマです。

主演の橋爪功は、脇役での出演が多く、当初は意地悪な役や小悪人の役が多かったと思います。

私が好きなのは、かみさんの悪口(1993年TBS)での田村正和の友人役や、こちら本池上署の刑事役です。
見逃しがちですが橋爪さんはとても服装のセンスが良くおしゃれです。

ぜひこのこんな役での橋爪功さんをスクリーンでも見てみたいです。

|

« 日本版 黄昏 輝く湖にて NHKドラマ | Main | 安物買いのiMac »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22122/2012905

Listed below are links to weblogs that reference 橋爪功という役者:

« 日本版 黄昏 輝く湖にて NHKドラマ | Main | 安物買いのiMac »