« クローン 自分探し フィリップ・K・ディック | Main | 日本版 黄昏 輝く湖にて NHKドラマ »

2004.11.09

クリスマスに見たい スモーク

クリスマスにはどんな映画を見ますか?

ファンタジーもSFXも二枚目の俳優も出ていませんし、しゃれた恋愛もありません、
でもいいですよ、この作品。
スモーク 1995年 日米合作 監督ウェイン・ワン
B00005YUYA.09.MZZZZZZZ.jpeg
主人公はブルックリンでタバコ屋を開いているオーギー(ハーベイ・カイテル)彼の友人の作家ポール(ウィリアム・ハート)は毎日たばこを買いに彼の店に行きます。
ポールは交通事故で妻を亡くしていて、いまも心の傷は癒えていません。

事故のあった日、毎日店の前で写真を撮っていたオーギーのカメラにはポールの妻が写っていました。

オーギーは別れた恋人から成長した娘がいるのを子供を生もうとしていることを知らされます。
その娘は良い境遇ではないことを聞き、オーギーは娘に会いに行きます。
しかし娘は余計な世話を焼くなとオーギー達を追い返します。
自分のつきあっている男性はやくざだし、ただではおかないと言って。
オーギーが去ったあともカメラは娘をとらえたままです。
怒りの表情から口元が震え、泣き出しそうな表情になる娘、、、
自分の事を心配してくれ会った事も無かった父親にたいする感謝と申し訳ない気持ちがわかります。

ポールが知り合った黒人の青年は、会った事の無い父親を探しています。
オーギーの店で働くようになった青年はオーギーとポールの協力で父親に会います。

傷を抱えた登場人物たちがかかわりあい、そして、、、、

ラストでオーギーはポールにクリスマスの出来事を聞かせます。
それは昔の自分の経験です。
それが真実か嘘か、
でもどうでもよいのです。
信頼するもの同士での会話-物語はどちらかが信じていればそれは真実なのです。

ハーベイ・カイテルの煙草を吸う仕草にしびれました。

スモーク-煙にも重さがあるのを知っていましたか?
計る方法があるんですね、、、、、この映画を見ればわかりますよ。

|

« クローン 自分探し フィリップ・K・ディック | Main | 日本版 黄昏 輝く湖にて NHKドラマ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22122/1916628

Listed below are links to weblogs that reference クリスマスに見たい スモーク:

» 『スモーク』 紫煙に煙る人生 [*モナミ*]
『スモーク』10年以上もの間、毎日同じ場所にカメラを向けるタバコ屋の店主、オーギー(ハーヴェイ・カイテル)。店の常連客で、店主の写真の中に亡き妻の姿を見つける作... [Read More]

Tracked on 2004.11.14 at 11:02 PM

» 『スモーク』 (米・日、95) [わしLOG]
ずーっと観たいなと思っていながら延び延びになっていたのですが、先日お買い得DVDシリーズの中に発見して購入。NYはブルックリンを舞台に、バーヴェイ・カイテル演じる煙草屋のオヤジ、ウイリアム・ハート演じる休業中の作家、その作家を交通事故から救う家出少年、この3人... [Read More]

Tracked on 2005.04.19 at 10:57 PM

« クローン 自分探し フィリップ・K・ディック | Main | 日本版 黄昏 輝く湖にて NHKドラマ »