« 寿司職人になろう | Main | クローン 自分探し フィリップ・K・ディック »

2004.11.08

恐るべしバカ玩具 懐かしの大怪獣特撮篇

たまたま入ったコンビニでまた無駄使い。
食玩の棚でパッケージを手に取り写真を見て驚きました。
ガメラ、ガッパはともかく、赤銅鈴の助、虹男、吸血鬼ゴケミドロの写真が、、
こんなマイナーなものまで食玩になっているとは、

特撮大百科ver.3 オリオン株式会社 ¥300
SANY0068.JPG

最近の食玩ブームで、その種類の多さには驚いていますが、
この商品のマイナーぶりには参りました。
とくに虹男は1949年の大映作品ですが、よほどの映画通でなければ見ていないと思います。
こんなのが食玩に選ばれるとは、
そして吸血鬼ゴケミドロ
これは1968年の作品で先の虹男に比べれば新しい作品ですが、
松竹のギララは知られていてもこの作品もマイナーです。

オリオンという会社は知りませんでしたが、今回ver.3なので前の商品もそれなりに売れたのでしょう。
パッケージの裏にはver.1と2の商品写真がのっていて、
親切にもこの商品を希望の方はイワクラまで問い合わせてくださいと書いてあります。
ver.1と2の商品でもガメラ吸血バージョン、ガメラ頭蓋骨、未公開のガラシャープ、バイラス人4パターンというラインナップで、これでもじゅうぶんめまいがします。
SANY0071
今回入っていたのはクリヤーバージョンのギロンでした。
ジオラマ風の土台までクリヤーであまりうれしくありません。
SANY0072-1.JPG
中には怪獣のカード(たばこカードと呼ぶそうです)3枚が入っていてラッキーカードが出るとアルバムがもらえるそうです。
そして応募券が別に1枚、
これは100枚!集めるとイリス(ガメラの怪獣)のフィギュアがもらえます。
いったいいくらかかるのでしょうか?

そしてイワクラのHPを見ると、、、、、
ただものではありません、この会社は、

|

« 寿司職人になろう | Main | クローン 自分探し フィリップ・K・ディック »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22122/1904420

Listed below are links to weblogs that reference 恐るべしバカ玩具 懐かしの大怪獣特撮篇:

« 寿司職人になろう | Main | クローン 自分探し フィリップ・K・ディック »