« クリスマスに見たい スモーク | Main | 橋爪功という役者 »

2004.11.15

日本版 黄昏 輝く湖にて NHKドラマ

良質なドラマをNHKで見て感動しました。
こんな作品がたくさん見られるなら受信料も無駄ではないと思います。
輝く湖にて NHKドラマ 11月13日放送 
杉浦直樹 八千草薫演じる老夫婦が過ごす中禅寺湖の別荘でのひと夏の物語です。
原作は「ON GOLDEN POND」
1981年にヘンリー・フォンダとキャサリン・ヘプバーンが演じた映画黄昏も同じ原作です。
杉浦直樹と八千草薫が演じる夫婦は映画の黄昏とイメージがオーバーラップしていました。
日本とアメリカ、両方の役者とも品がありこの作品のイメージにぴったりです。
この年齢でヘンリー・フォンダと同じようなイメージの役者はあまりいないのではないでしょうか。
杉浦直樹は合っていますね。
TVドラマ(脚本山田太一)岸辺のアルバム1977年でも八千草薫と夫婦役でした。

日本版では舞台劇 黄昏でも同じ役者が演じています。
娘役は浅野温子でした。
映画では娘役はジェーン・フォンダ=ヘンリー・フォンダの実娘です。
物語ではこの娘と父親はぎくしゃくした関係です、本当はお互いを思い愛しているのですが。
映画の親子同様ヘンリー・フォンダとジェーン・フォンダも仲が良くなかったそうです。
黄昏でヘンリー・フォンダがアカデミー賞に出席したときにやっとわだかまりがとけて抱き合う姿が印象的でした。(この作品でヘンリー・フォンダとキャサリン・へプバーンはアカデミー主演賞を受賞しました)
ヘンリーフォンダはその後亡くなりました。
ongoldenpond.jpeg

今回のドラマでは娘役は真矢みきが演じています。
気の強そうなところはジェーン・フォンダばりです。

彼女が再婚しようとする男(西村雅彦)の息子と杉浦と八千草の交流。
最初はうちとけない子供と杉浦たち老いたものがやがてうちとけ同じ湖の季節での体験を共有してゆく。
やがて去るものと新しいもののつながり、
それぞれが互いに与え、忘れていたものを得てゆく、
年齢を重ねたものとこれから重ねるものの理想の姿だと思いました。
私は両者の中間の年齢ですが、この主人公のように年をとりたいと思いました。

|

« クリスマスに見たい スモーク | Main | 橋爪功という役者 »

Comments

西村雅彦…
今日、CDを買いました。
とっても楽しめるCDです。
昔、タモリとか、こんなCDを出していたな~と言う感じです。
一度、お聴きあれ、笑えるぞ~

Posted by: コタヌキ堂 | 2004.11.16 at 06:29 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22122/1972659

Listed below are links to weblogs that reference 日本版 黄昏 輝く湖にて NHKドラマ:

« クリスマスに見たい スモーク | Main | 橋爪功という役者 »