« リプレスメントキラー 2丁拳銃とスローモーション | Main | 西部警察 復活! »

2004.10.30

庵野監督の キューティーハニー

庵野監督の キューティーハニー 
ハリウッドお越えたCG、
ハリウッドを越えたアクションシーン、
邦画の宣伝文句で良く聞かれますが、実際に見てみると寒い作品が多いです。
所詮、制作費の差があるのですから、日本でスパイダーマンのような作品を作るのは難しいでしょう。

キューティーハニー 庵野秀明監督 20004年
コミックスを原作にした映画の場合、シリアスな部分を追求すればするほど、予算の限られた特撮やアクションシーンとの差が目立って、しらけてしまうことがあります。
庵野監督はそのあたりをうまく逃げて楽しい作品に仕上げています。

この手の作品で使いたくなる設定
主人公が乗るメカ、
恋愛対象になる人物、
アイシステムを狙う組織との戦い、
ハニー(佐藤江梨子)のお色気を強調、
等は使わず、監督のセンスで楽しい作品になっています。

かって庵野監督がDAICONFILM時代に8ミリで製作した作品、帰って来たウルトラマン
ウルトラマンが人間のまま(庵野監督が黒ぶちめがね素顔、ジャージで演じました!)登場するというナンセンスな味わいはキューティーハニーでも活かされています。
この庵野版ウルトラマンも物語は真面目なのですが、このウルトラマンの姿の演出が無ければ特撮マニアにしか受けない作品になっていたと思います。

キューティーハニーに変身する前のハニーの天然ボケキャラ、
ハニーをとりまく出演者の力の抜けた演技、
街が破壊されるクライマックスでは松尾スズキの「びっくりしたなー、もー」
という台詞で、コミックス原作映画のナンセンスさを再確認させられ、
一歩間違えばしらけてしまいそうな敵との戦いの場面も素直に受け入れられます。
東京タワーが敵に破壊され、戦いの舞台になるのは、日本の特撮映画へのオマージュでしょう。
戦いの後、東京タワーはばかばかしい展開でちゃんと元通りになります。

ハニーが変身した後の凛々しさは逆に強調され十分にカタルシスを味わうことが出来ます。

サトエリのファン、変身ヒーローの好きな子供、原作のファン、庵野監督のファン、どの人が見ても楽しめるようにバランスがとれています。
見終わったあとに楽しい気分になれる作品でした

|

« リプレスメントキラー 2丁拳銃とスローモーション | Main | 西部警察 復活! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22122/1809341

Listed below are links to weblogs that reference 庵野監督の キューティーハニー:

» キューティーハニー イチオシ! ~女の子が主役のアクション映画をいろいろ観てみました [百鬼夜行]
キューティーハニー コレクターズ・エディション (初回限定生産) サトエリの『 [Read More]

Tracked on 2004.11.07 at 09:55 AM

« リプレスメントキラー 2丁拳銃とスローモーション | Main | 西部警察 復活! »