« マナに抱かれて | Main | 庵野監督の キューティーハニー »

2004.10.30

リプレスメントキラー 2丁拳銃とスローモーション

チョウ・ユンファのハリウッド進出第一作
物語はどうでもよいのです、
ユンファのダンスのように華麗なガンさばきがたっぷり堪能しましょう。

リプレスメントキラー 監督:アントア・フークア 1998年

この後ユンファはイメージが固定されるのを嫌い、2丁拳銃の場面は撮りたがりません。
後のバレットモンクではそれをパロディーにして余裕を見せていました。

かって藤岡弘はクイズ番組で仮面ライダーの変身ポーズを求められた時、
「もう忘れました、、、」と言っていました。
仮面ライダーの5年ぐらい後だったと思います。絶対忘れていないはず、、、

ジョン・ウーの持ち味は泣きだと思いますが、ハリウッドではセンチメンタルは嫌われるのでこの作品でも涙はありません。
ジョン・ウーばりにスローモーションが随所に出てくるのですがちょっと多すぎです。
製作総指揮はジョン・ウーです。

悪役のダニー・トレホが登場する場面までスローモーションです。
ダニー・トレホ、その容貌で凶悪な役にははまりすぎです。
実際、若い時には麻薬や強盗がらみで獄中にいたほどですが、現在はその経験を活かしカウンセラー活動も行っています。デスペラードでの殺し屋などホントに凶悪ですが、最近のスパイキッズでは、良いおじさん役もこなしていて風貌とのギャップが楽しかったです。

|

« マナに抱かれて | Main | 庵野監督の キューティーハニー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22122/1809109

Listed below are links to weblogs that reference リプレスメントキラー 2丁拳銃とスローモーション:

« マナに抱かれて | Main | 庵野監督の キューティーハニー »