« 昭和歌謡大全集 原田芳雄は日本のマイケル・ケイン | Main | まあだだよ 諸君!素直に  »

2004.09.23

映画を見る環境

飛行機の機内上映映画も最近は様変わりしました。
以前は、天井から吊るされたモニターや機内の壁にプロジェクターなどで映写したり、乗客はみんな同じ作品を見ていました。
最近は、座席にセットされたモニターで自分が選んだ作品を、ビデオのように好きな時間に見ることが出来るようになりました。とても便利とは思いますが、同じ作品を他人と同時に共有する感覚はないので、映画館と同じようにおもしろい場面で皆が一緒に反応するのを感じることは出来ません。
また時間配分に気をつけないと、全部見終わらないうちに着陸してしまうこともあります。
これが日本で未公開の作品だと、続きを見るにはもう一度飛行機に乗るか、劇場で上映されるまで待たなければなりません。

私は子供の頃から映画を見る環境の雰囲気(大勢が暗い部屋でスクリーンをみつめるという)が大好きでした。
学校の体育館での映画会、自動車教習所での教育ビデオ、旅行で乗ったバスで見るビデオ、など他人と一緒に映画を見るのは楽しいものです。

小学生の頃には地元にも映画館がたくさんありました。ビデオやDVDが無い時代の娯楽の主役は映画でした。
東宝、東映、2番館などの映画館ではそれぞれ雰囲気が違い、今のシネコンのような豪華な雰囲気もありませんし、がたがたの椅子でしたが、そこには間違いなく本来の銀幕があったような気がします。

東宝の劇場で怪獣映画が上映されるときには満員の客席からあふれた子供が舞台に寝転んで映画を見ていたほどでした。入れ替えも無かったので同じ作品を2回見ることも出来ました。

映画館のロビーで前の上映が終わるのを待つ間、館内から映画の音がこもった音で洩れ聞こえました。
この音を聞きながら作品を想像して胸を躍らせたものでした。
こんな映画館はみんな閉館しました、シネコンのフカフカした椅子に座るとそんな映画館のことを少し思い出します。

|

« 昭和歌謡大全集 原田芳雄は日本のマイケル・ケイン | Main | まあだだよ 諸君!素直に  »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22122/1500586

Listed below are links to weblogs that reference 映画を見る環境:

« 昭和歌謡大全集 原田芳雄は日本のマイケル・ケイン | Main | まあだだよ 諸君!素直に  »