« エグゼクティブコマンド この偽者め! | Main | こんどはスズメに遭遇! »

2004.08.23

マスターアンドコマンダー 予告編は?

予告編が良く出来ていても本編を見てがっかりさせられることがあります。
予告編は作品の監督が演出しているわけではありませんし(まれに例外もありますが)本編から内容を考えずに良い場面だけ選んで、違う作品から流用した音楽を流せば、どんなにつまらない作品でもそれなりにおもしろそうに見えるでしょう。

マスターアンドコマンダー(監督ピーター・ウィアー 主演ラッセル・クロウ)は予告編と本編がまったく違う雰囲気の作品です。しかし作品が良くないとは思いませんでした。

ただし、劇場で流れていた予告編で期待して見た客はかなりとまどったのではないでしょうか。

19世紀、フランスと戦っていた頃の英国の戦艦(帆船)が物語の舞台です、大人の兵士にまじって少年兵も乗船して戦っています。戦争ものですが、この時代の帆船同士が大砲で戦う場面は優雅ささえ感じました。
もちろん、戦いで傷つき死んでゆく兵士にはそんなことは感じられないと思います。
やがてボタンひとつですべて全て焼き払う戦争へと続く事は十分判っています。

少年たちはたった一人の艦長を信じ戦いへ旅立った、、、このコピーからも予告編を見ての印象は乗組員が全て少年兵のような感じで、しかもかなり悲劇的な話のようでした。
原作がシリーズものと聞いていたので艦長と数人の少年兵のみ生き残る話なのかとも思っていましたが、
実際は海洋冒険物語でした。少年兵は数人であとはおやじです。
映画は所詮作り物の世界なのですから、多少つじつまが合わないところがあっても映画を見ている間、気が付かず楽しめればそれで良しと思っています。
しかし、まったく違う話を期待させるような予告編の作り方はどうかなと思います。

旅館やホテルのパンフレットできれいな場所ばかり並んでいる写真を見て出かけ、実際にはずいぶん雰囲気が違う場合がありますが、あれと同じようなものでしょうか。

劇場で予告編を流す際には、これはイメージです。実際の作品とは違う場合がありますがご了承下さいとテロップでも流すべきかも、、、

|

« エグゼクティブコマンド この偽者め! | Main | こんどはスズメに遭遇! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22122/1257611

Listed below are links to weblogs that reference マスターアンドコマンダー 予告編は?:

« エグゼクティブコマンド この偽者め! | Main | こんどはスズメに遭遇! »