« 正統派海の家にもう一度行きたい | Main | エグゼクティブコマンド この偽者め! »

2004.08.17

猟奇的な彼女 韓国の酒の呑み方

公開当時から気にはしていたのですが、観る機会がありませんでした。
そして先日やっと観ました。

この映画のヒロイン(チョン・ジヒョン)はとてもチャーミングでした、主人公の気の弱い青年キョヌ(チャ・テヒョン)も好い味出してます。
この映画はこのタイトルのために観なかった人も結構いたのではないでしょうか、私もその一人です。
韓国では猟奇の意味は日本とは少し違います。(すこし他とは変わっているいう感じでしょうか)
単なるコメディ映画と思っていましたから。
最近この映画の予告編を2種観る機会があったのですが、一本はロマンス映画風、一本はコメディ風のつくりでした。
私は観終わった後すっきりした気分で劇場を出られる作品が好きなのですが、この作品はまさにすっきりさせてくれました。
劇中の台詞で韓国人は映画にセンチメンタルな部分があるのを好むとありましたが。この映画ではそんなセンチメンタルも程よい感じでした。

物語の中で何回か焼酎を飲む場面が出てきます。
日本では焼酎は水割りかお湯割り、またはオンザロックで呑むのが普通でしょう。
韓国では焼酎はショットグラスでストレートでやります。日本のように最初はとりあえずビールでは無く、
ショットグラスでぐいぐい呑むのです。

韓国に仕事で出かけたときに食事のおいしさに感動しました。そしてボリュームにも、、、
あれだけの量を美味しくいただくには、ビールでがぼがぼになった胃袋では立ち向かえないでしょう。
辛い料理にはストレートの酒があっているのです。きっと

家で真似してストレートで焼酎を飲みましたが、3日でやめました。胃が痛くなったので、、、

|

« 正統派海の家にもう一度行きたい | Main | エグゼクティブコマンド この偽者め! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22122/1215956

Listed below are links to weblogs that reference 猟奇的な彼女 韓国の酒の呑み方:

« 正統派海の家にもう一度行きたい | Main | エグゼクティブコマンド この偽者め! »