« 入道雲 | Main | 牙吉 映画の効果音の大切さ »

2004.08.01

辻堂海岸、最後の一本はいつもこうなります

台風のあとの波を期待はしていましたが、あまり大きすぎると歯が立たないので、一日間を置いて本日波乗りへ行きました。場所はこのところずっと湖の状態だった神奈川の辻堂海岸へ、、、
のんびりした雰囲気の海です。となりの鵠沼は駅から近いので混んでいますが、ここは駅から離れているので多少は空いています。
海までは順調に着いたのですが、天気も良かったので駐車場に入るまで1時間待ちました。
SANY0072.JPG
駐車場の順番待ちのときに見た入道雲

おかげで駐車場の順番待ちの間に着替えられましたけど。
だらだらとした厚めの波でしたが、たまに来る波にはそこそこ楽しめるのもあり、十分満足しました。
漂う海藻がやたらにまとわりついて気持ち悪かったです。

いつものことですが最後の一本を乗ってから上がろうと思うのですが、
その最後の一本が満足できずさらにもう一本となって上がる時間がどんどん遅れていくのです。

スキーやスノボなら確実に最後の一本は決められるのですが、
30分後に最後の一本を終えて、岸へ上がりました。
これで、帰ってからもこの最後の一本を思い出しながらしばらくニヤニヤできます。


|

« 入道雲 | Main | 牙吉 映画の効果音の大切さ »

Comments

最後の一杯がやめれませんな~
これで、毎回、ご迷惑をお掛けしています。
 
というかこたぬきさんの場合いつが最後か記憶に無くなっているのではないですか?
Chidori

Posted by: コタヌキ堂 店主 | 2004.08.02 at 01:47 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22122/1099844

Listed below are links to weblogs that reference 辻堂海岸、最後の一本はいつもこうなります:

« 入道雲 | Main | 牙吉 映画の効果音の大切さ »