« June 2004 | Main | August 2004 »

2004.07.31

入道雲

入道雲を見ると元気になります。
青い空にもくもくと広がる雲は雄大で夏の景色そのものです。
SANY0059.JPG

夕陽も良いですが、限られた時間しか鑑賞できません、しかし入道雲は天気さえ良ければ、1日中眺められます。
そして、タイミング良く夕立と組み合わせられれば、虹も見られるかも知れません。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.07.30

さよなら、ピーちゃん。

海の日、波乗りから戻り駐車場に車を入れようとすると道路の脇に黄色いインコがいるのを見つけました。最初はおもちゃかと思ったのですが、近づくとオカメインコが熱いアスファルトの上でぐったりしていました。この日の気温は36度以上ありました。時刻は午後2時です。

人差し指を差し出すと、はーはーと息をしながら指に乗ってきました。

あたりには誰もいないし、道路沿いのマンションの部屋から逃げたのかと思いましたが、とりあえず家に連れて帰りました。皿に入れた水を少し飲み、やっと落ち着いた様子です。
とても人に慣れていて、肩や椅子の背もたれにとまったまま、おとなしくしています。

デジタルカメラで撮った画像でチラシをつくり拾った場所の駐車場の柱に貼りつけました。

家の中で放し飼いにするわけにもいかないので、フェレットの移動用のかごに入れて見ましたが、外ではおとなしいのに、かごの中ではピーピーと休みなく鳴きつづけています。
様子を見ようとかごのふたを空けるとあわてて出てきて、かごの屋根にとまっておとなしくなりました。
そしてそばから離れると私の頭めがけて飛んできてとまりました。ほんとうに人に慣れています。
我が家のフェレットにも興味津々で近くで眺めています。
鳥の餌など無いので、パンをちぎったのやレタスを与えてみましたが全く食べようとしません。お菓子の中に入っていたピーナッツを砕いて与えたらこれはなんとか食べてくれました。そして調味料の棚にごまがあるのを思いだし与えると、これも食べました。
SANY0052.JPG

張り紙をして3日ほどは連絡もなかったので、誰かもらってくれる人を探さなければと思いました。この頃にはひまわりの種を買ってきてあげていました。フェレット用のかごもせまいので(夜はかごのまわりを紙でくるんで暗くすると寝てしまいおとなしいのですが)あみのごみ箱を買ってきて中に割り箸を束ねて作った止まり木を入れて、雑誌で上をふさいで簡易鳥かごを作ってあげました。
数日いっしょに過ごすと結構かわいいものです。
鳥は毛繕いを(羽繕いか、、)すると結構まわりが汚れます。それに細かい羽が部屋に飛び散ります、私の奥さんはのどが弱いので我が家では飼えないのです。この頃には家族でそれぞれ勝手に名前をつけていました。

6日目に携帯にインコの買主から連絡がありました。
「何回か電話したのですがつながらなくって、、」
インコが我が家に来て4日目から私は出張で出かけていたため連絡が取れなかったのです。
出張の帰り成田から自宅へ向かう途中で電話を受けたのですが、ほっとしました。
帰宅後に飼い主と待ち合わせて、オカメインコは無事に帰っていきました。最初に拾った場所の近くから逃げてきたのかと思っていましたが、結構な距離を飛んで来たようでした。
短い時間でしたがいなくなると寂しいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.29

中国式 運転術

仕事で中国へ行ってきました。
最近、交通量が多くなり、自動車、オートバイや自転車、人間が道路にあふれています。
泊まった宿の窓からは一日中車のクラクションが聞こえていました。
街中でも都市によって違いはありますが、クラクションが常に鳴り響いています。
日本では道路でクラクションを鳴らす場合は、運転者が怒ったときではないでしょうか。クラクションが鳴ると回りの人が驚いて振り返ります。
SANY0035.JPG

たとえば、急に通行人や他の車両が飛び出してきたとき。無理な割り込みされたとき。そして場合によっては鳴らされた相手とトラブルになることも珍しくないでしょう。

中国では、自分の存在を他の車両や人に気づかせるために鳴らしているようです。
鳴らしている側も、鳴らされた側も平気な顔をして運転しています。
一見するとマナーも何も無いように思えたのですが、良く見ていると前に別の車が入れば譲るし(しかしぎりぎりのところです)無秩序のようでお互いに譲り合いしての通行が成り立っているようです。

日本では道路では全ての者が交通ルールに従うという原則で通行が成り立っています。だからルールを守らない者が1台でも現れると、事故などのトラブルになります。そしてこういった場合の相手への怒りの表現がクラクションを鳴らす行為だと思います。

中国では(とくに田舎)全ての者はルールに従わないかもしれないという前提で通行が成り立っているように見えます。だから運転者は対向車が急に前に入ってきても、ぎりぎりではありますが道を譲ります。通行人に対しても同様で、ぎりぎりのところで車両か人間どちらかが道を譲ります。

ルールに従い整然と見えて、一旦トラブルになると殺人にまでなってしまう日本。
ルールなどないように見えて、クラクション鳴りまくりなのに、みんな平然としている中国。

私はどちらが良いとは言いません。お国柄ですね、、、

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.27

きょうのできごと 懐かしい、、この感じ

監督、行定勲 出演、田中麗奈、妻夫木聡
きょうのできごと A DAY ON THE PLANET
京都の大学院に進学する友人の引越し祝いに集まった仲間達の話です、
とくにドラマチックな事は起きません。
SANY0055.JPG

くじらの座礁とか、警察に追われ救急隊に助けられる事件もあっさりと描かれています。
真紀役の田中麗奈はとくに美人とは思いませんが、上手い役者です。そしてチャーミング。
美人な役者はたくさんいますが、チャーミングな役者は少ないのではないでしょうか。

日常の会話(京都弁)で淡々と進む物語ですが、何か昔を思い出しました。この映画に描かれるような友人関係はありませんでしたが、とても懐かしい感じがしました。
映画の主人公達の世代の観客はまた違った感覚を覚えるのでしょう。
映画の世界で男2人に女1人の設定は多くありますが、この映画では男(妻夫木聡)が1人女(田中麗奈、伊藤歩)が2人です。
でもこの3人の関係はとても爽やかで、実際今のこの主人公たちと同じ世代はこんな感じなのかと思いました。

伊藤歩の台詞「あーまた明日になっちゃった、」田中麗奈が答える「明日じゃなくて、今日が始まったんだよ」
京都弁の響きは何かとても優しい感じに聞こえます。学生の頃友人と京都へ旅行した際、一方通行を間違えて車で
進入し、地元の警察官に注意されたのですが、京都弁で注意されたので、とてもすなおに反省しました。

途中で出て来る山本太郎には笑いました。久し振りに再会した旧友と携帯の番号を教えあうのですが、旧友は彼の名前を覚えていないのです。

私が高校を卒業して5年ぐらたってクラス会で級友に再会したのですが、テーブルの向かいに座った女子の名前がどうにも思い出せず、途中で聞くのも失礼かなとその子が化粧室に行ったときに隣の男子に聞きました「あの子の名前なんだっけ?」帰って来た答えは「俺もお前に聞こうと思っていたんだよ、、、」
私達の高校の3年間はなんだったのでしょう。そんなものか、、

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.26

死に花、カタルシスが、、、

死に花 監督 犬童一心70歳を過ぎた老人ホームの老人達が亡くなった友人の遺言で銀行を襲う!
面白い設定なのに、映画としてのカタルシスが乏しいのは何故でしょうか。
脚本もまーまーなのに。
SANY0054.JPG

邦画としては結構荒唐無稽な物語(映画だからいいんですよ!)ですが、やはり映画としては最後にもっとスカッとした場面が欲しかったです。
出演している、山崎努、宇津井健、谷啓、青島幸男はとても格好良いのだから、最後は大金を手に入れ、南の島のホテルのプールサイドでデッキチェアーでカクテルを飲むというような場面を描いて欲しかった。

大金を得て成功した後の姿を描いてこそ、映画としてのカタルシスがあると思うのですが。

藤岡琢也の葬式の場面はよかったです。
生前に収録した自身の映像が流れ、挨拶し本人の歌うジャズが流れる。
そしてダンスパーティが始まる。こういう葬式も良いものですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラザー・ベア 泣きました そして山路和弘!

やられちゃいました。
ディズニーに、
擬人化された動物が主人公の映画かと思い見たのですが、冒頭から、????
そうか、そう来たか、
三人兄弟の長男シトゥカが熊と遭遇した弟達を助けるため身を犠牲に氷河とともに落下していく場面からこれはただの子供向け映画ではないなと思いました。
フィル・コリンズの音楽も良いです。最近はCGアニメが多いですがこの作品はセル画を使用しています。
アニメで泣いたのはトトロ以来です。
吹き替え版で長男シトゥカの声を当てている山路和弘 さんは、映画の吹き替えでも多く活躍されています。
yamaji_kazuhiro.jpg
最近ではアイアムサムのショーンペンは本当に良かったと思います。
俳優としても数多くドラマ、映画に出演しています。
私が好きなのは、突入せよ!あさま山荘事件の警備部付石川警視正役は出色です。ぜひ見て下さい。
シリアスな物語に必要なのは滑稽でユーモアのある演技だと思います。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

8Mile ラップ版ロッキー!

主演のエミネムは白人でありながらラップミュージックで数々のヒットを飛ばしています。
主人公のジミー・スミスJr.はエミネムそのままです。
物語はロッキーのラップ版です、最後には宿敵ラッパー、パパ・ドック(アンソニー・マッキー)との対決が待っています。
エミネムの母親役はキム・ベイシンガー、実際あんな母親だったら子供はぐれでしょう。
息子に恋人とのセックスの悩み話すんだから、飛んでるおかーさんです。
キム・ベイシンガーが下品な母親を上手く演じています、

ジミー・スミスJr.が対立するパパ・ドックのグループにからまれ、その内の一人に銃を突きつけられます。
やばい、撃たれると思ったとき、グループの一人が「それは、やばいって!止めろ!」と静止します。

何か起きたときに集団の中に冷静になれる者がいるかいないかで状況は違いますね。
そのための仲間か、、、、

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.21

隠し砦の三悪人 和製インディジョーンズ そして佐藤勝

この映画の脇役、藤原鎌足と千秋実がスターウォーズのC-POとR2-D2のモデルなのは有名です。
改めて見直すと、この2人のやり取りはあの2体のアンドロイドとそっくりです。その後の場面転換の際のワイプアウトまで同じです。この頃の黒沢作品はとてもサービス精神にあふれた映画を撮っていたのですね。
三船敏郎が刀を振りかざしながら馬を疾走させるシーンや、敵中を馬で駆け抜ける(人を拾い上げながら!)シーンなど圧巻です。
オープニングの佐藤勝の音楽にも胸が躍ります。佐藤勝は黒澤作品にも数多く音楽を提供していますが、そのほかにも多数作曲しています。おもにアクション系が多いようですが、後期にはオーケストラを使用した楽曲(日本沈没、皇帝のいない八月、ああ野麦峠、幸せの黄色いハンカチ)もあります。
作曲した作品リストを見ると、とにかくジャンルを問わないようです。ゴジラの逆襲、独立愚連隊、錆びたナイフ、用心棒、100発100中、人生劇場、若者たち、戦争と人間、札幌オリンピック、ルパン三世念力珍作戦、真田幸村の謀略とその何作かを並べてみてもさまざまなジャンルであることに驚きます、というか頼まれたら書いてるような気がします。昭和49年あたりまでは毎年10作以上に音楽を提供しているんです!イタリアにモリコーネがいるように日本では佐藤勝がいます。モリコーネはマカロニウエスタンでその名をあげました。
偶然にも佐藤勝の音楽もウエスタン、それも正統派よりもマカロニに近い味の音楽があるのです。
その1、独立愚連隊 もーこれは完璧にウエスタンミュージック、ついでに作品も戦争映画に姿を借りた和製西部劇。
その2、南海の大決闘 ゴジラシリーズのエビラの出る作品です、作品も軽快なら音楽も明るいウエスタン!
その3、遥かなる山の呼び声 物語りも和製シェ―ンなら音楽ももちろん正統派ウエスタン!

これらの作品はレンタルビデオ店にありますのでぜひ佐藤勝の音楽を聞いてみてください。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.07.19

グラディエーター

アエリウス・マキシマス将軍(ラッセル・クロウ)は西暦180年のローマ帝国の皇帝に信頼された勇者です。
彼が率いる数千人の軍隊も彼の指揮のもとに過酷な状況で戦っています。
敵を倒したマキシマスに皇帝が褒美は何が欲しいと訊ねますが、彼は故郷に戻りたいと答えますが、皇帝はマキシマスに自分の後継者になるよう伝えます。
2年以上戻っていない故郷には彼の8歳になる息子と妻が彼の帰りを待っています。
マキシマスが戦うのは(生き残るために)故郷に残した家族への思いです。再び家族に会うために、
しかし、戦果をあげればあげるほど彼の望みは遠いものになって行きました。
マキシマスをねたむ皇帝の息子コモドゥスの罠で皇帝殺しの汚名で処刑されそうになり、それを逃れたことでマキシマスの家族は殺されてしいます。生きる目的を失ったマキシマスにとっての戦いは憎悪のみになりました。
処刑を逃れたマキシマスは奴隷商人のもとで見世物の格闘者として戦いやがて勇者になって行きます、そして他の奴隷達からも信頼を得て行きます。(かっての軍隊のように)
マキシマスの執念によってローマのコロシアムでコモドゥスとの再会へと導いてゆきます。

この映画の格闘場面の迫力には圧倒されました。ほとんど戦争です。この時代に生き残るためには強いか賢いかが条件ですが、これだけ弱肉強食の中で生き残ったもので構成される国はさぞかし強大になったことでしょう。

たくさんの蝿に殺虫剤をかけ続けるとそのうちに殺虫剤がきかない蝿が出てきてその生き残りの蝿同士の子孫はスーパー蝿になると聞いたことがあります。

温室の中で育てられた今の日本人(私もその1人)がもしあの格闘場にいたら全滅でしょう。
マキシマスの台詞「死神は人に微笑む、人はただ微笑み返すだけ」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.18

黒澤明 野良犬 エアコンに感謝

1949年、まだ終戦後間もない頃、刑事村上(三船敏郎)は拳銃をすられてしまう、やがてその拳銃が強盗事件に使用されて、、暑く長い夏の物語が始まります。
黒澤明監督 1949年東宝作品 野良犬をDVDで観ました。

norainu.bmp

うだるような暑さの中、村上は町を歩き回ります。走る自動車も少ない道路、混雑した乗り合いバス、軒を連ねる屋台(鯨カツの看板も見えます)、バラック小屋のような家等が描かれています。
麻のジャケットの背中一面に染み出る汗、生ぬるい空気をかき混ぜるだけの扇風機の音、レビューの楽屋での踊り子の身体に流れる汗、木賃宿の光景、これらのエアコンなど無かった頃の気温、体温がみごとに描かれていて、それは観ているこちらが気分が悪くなるほどです。

しかしこれらの描写に対比して映し出される場面、コップに注がれたサイダー、スリの女が村上に差し出すビール、ハーモニカの音、夕方縁側で配給のビールを飲む村上と佐藤刑事(志村喬)、犯人をかばうハルミ(淡路恵子)のゆかた姿、夕立、たびたび出てくるアイスキャンデーなど、暑さの中でこその心地好いものが描かれています。
佐藤刑事が村上を招待した家で出迎える幼い子供達。
抱きついてくる子供たちに「おまえたちは暑いな」と微笑む佐藤。これもここち良い暑さです。
けっして立派では無い佐藤の家、しかしそこでは質素ながら幸せな生活があります。寝ている三人の子供を見守るやさしい笑顔の村上、佐藤、佐藤の妻。ここでは村上と佐藤にも捜査の時の険しい表情はありません。

捜査で訊ねた、犯人遊佐(木村功)の住む家を思い出し「私の家もあばら家だが、あれは人の住む場所じゃないな、悪い環境では人間も悪くなる」と言う佐藤。
村上は戦場では人間がどれほど簡単に残虐になるのかを佐藤に話します。村上も犯人の遊佐と同じ復員兵で、遊佐の生活を変えてしまった復員中に荷物を盗まれたことでも共通していました。違うのは村上は犯罪者にならなかったことです。
一ヶ月6000円で暮らせと語る佐藤、その後の事件で遊佐に妻を殺された主人はたった50000円のために妻が殺されたと泣き叫びます。立派な家に住む彼はその後妻を殺された悪い環境でどう生活するのでしょうか。もしかすると遊佐のように人間の悪い面に引き込まれてしまうのかも知れません。

劇中にレビューの場面があります。華やかな舞台の後、狭い楽屋で倒れこむように休んでいる踊り子たちの身体に流れる汗。エアコンが無い時代、ライトに照らされて踊る事は大変な重労働だったのですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.17

バレットモンク ホットドックのソーセージ10本にパンが8個詰めはなぜ?

ジョン・ウー製作、チョウ・ユンファ主演、題名バレットモンク。
映画を観る前に作品について得ていたのは宣伝チラシのみでした。そこには2丁拳銃を構えるユンファの姿!
男達の挽歌以来、2丁拳銃振り回すアクション映画はたくさん作られました。この作品をユンファの人気にあやかったそんな類の映画と思っていました。
ジョン・ウーの最近の作品、M.I.2(トムさんにしてやられました)やウインドトーカーズにも満足していなかったこともあり、ほとんど期待していませんでした。
たまに期待を良い意味で裏切ってくれる映画に出会うことがありますが、バレットモンクもそんな作品でした。
1943年のチベットから物語ははじまります。僧侶の姿のユンファが現れたとき、チラシの写真(自動車屋根でオートマチックを構えるユンファ)を思い出しました。てっきり現代の物語だと思っていたのですが?どうつながるのかなと思っていると、師匠から巻物を託されたユンファが2003年のニューヨークへ現れます。
スリのカー(ショーン・ウイリアム・スコット)と出会いコミカルなやり取りが始まる頃には、この映画が単なるアクション映画では無くファンタジー映画だということに気付きました。
これで、ニヤニヤユンファの丸顔の坊主頭も、現実離れしたワイヤーアクション場面、設定もすべて気にならなくなりました。あとはこの作品の世界を楽しむのみです。後に原作がコミックと知りさらに納得しました。
やがて師弟関係になる主人公2人、ナゾの美女、軍隊を率いた悪人、宝もの(秘伝のまきもの)の設定は単純ですがとても味わいのある愛すべき映画と思います。所詮絵空事の映画の世界の人物たちはとてもいきいきとしていました。
ユンファは映画で2丁拳銃を使うのを嫌がっているそうですが、この映画ではジョン・ウーに説得されたのかと思っていましたが、あの場面でさえムフフな展開が仕掛けらていました。実際ユンファは劇中ほとんど銃を使いません。

カーが使う拳法を見たユンファは何処で習ったと訊ねます。ゴールデンパレスと答えるカー。あの有名な寺院で?とユンファが聞き返すそこはカーがアルバイトしている映画館(ゴールデンパレス)のことで、カンフー映画の拳法を真似て練習していたのでした。
ホットドックのソーセージが10本詰めでパンが8個しかないのはなぜか?
ユンファのセリフですが、カーは最初「つねに満たされない」と答えます。
これは人それぞれいろいろな答えがあるでしょう。私の答えは「ソーセージが2本余分で得した」です!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.13

ウエスタン+エイリアン+ダイハード=スズメバチ!!

冒頭とエンドロールに荒野の七人の音楽が流れます。
監督は、現代版の荒野の七人を作りたかったのでしょうか。
クライマックスでの工場内での銃撃シーン、コンテナで作った砦で応戦する主人公たちは西部劇ののりです。
監督のフローラン・エミリオ・シリは自分が好きな色々な映画への思いをこの作品に込めたようです。
前半の主人公たちの描写から彼等が集結するまではなかなか良い雰囲気です。主人公達についていろいろと細かい描写がされていて後の複線になっているのかと思いましたが、まったく関係ありませんでした。
アクションシーンの撮影に没頭した監督はそんなことはどうでもよくなったみたいです。
無数の敵は(マフィアのボスを奪還するため)暗視ゴーグルを装着して表情が判らないまま続々と攻めて来ます。コンテナの要塞の壁を這い上がってくるその様子はまるでエイリアンです。連中はは弾に当たるのをなんとも思っていません、、ひたすら前進あるのみ!
監督は敵に囲まれた主人公達の状況を描きたかったために、無数の敵を用意したのでしょうが。いくら親分のためとはいえ、あれは正気の沙汰ではありませんね。エイリアンなら本能のままに襲ってくるのは判りますが、敵も生身の人間です。
ものものしい警備で護送されてきたマフィアのボス、これは最後に一暴れあるなと期待していたら特殊警察1人殺しただけで、玉潰されていました。情けない。
最後はやっぱりヒロインとこのボスの一騎打ちでしょう、そして危機一髪のところをヤラレタと思ってたおやじ警備員ルイ(パスカル・グレゴリー)が助っ人に、最後は窃盗団の若造サンティノ(ブノワ・マジメル)とチューしてクレーンショットがぐーんと上昇!そこへ、死んだと思ってたへらへら黒人セリム(サミ・ブワジラ)が現れエンド!アメリカ版ならこんな感じでしょうか、でもこれじゃ腐るほどあるB級アクション映画だし、これはこれで良いのかもね。
次回作カブトムシに期待しましょう!(そんなのありません)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.10

自衛隊で遊ぼう!広報センター

自衛隊の戦力である特殊車両やヘリコプターを直接見た人はほんのわずかだと思います。(ヘリコプターが飛んでいるときは別ね)
SANY0026.JPG
東京都練馬区にある陸上自衛隊広報センターでは、戦車、特殊車両、ヘリコプターなどを目の前で見ることが出来ます。ヘリコプターの操縦席など通常ではまず目にする機会は無いでしょう。そのコックピットは想像しているよりもかなり狭くさながらF1カーの運転席にキャノピーをつけた感じです。SANY0025.JPG
この広報センターは陸上自衛隊朝霞駐屯地の隣にあります。川越街道沿いの駐屯地ゲートを入りその直ぐ横が広報センターの建物です。
自衛隊の活動を一般の人に知らせるために作られたこのセンターは、まるでアミューズメントパークのようなつくりです。たぶん小さい子供にはどれも興味の対象になるでしょう。
1FフロアにはヘリコプターAH-1Sや90式戦車が展示されています。そのほかにフライトシュミレーター、服装体験コーナー、射撃シュミレーター(コンピューターゲームです、親子がバンバン撃ってます)、3Dシアターなどがあります。
SANY0022.JPG
3Dシアターは偏光グラスをかけて見る立体映像で約15分の映画を観せてくれます。私が観たのは自衛隊の戦力のプロモーション映像でした、画面に合わせて座席も振動するのですが戦車が砲弾を発射する場面、発射の衝撃で車体が揺れ車体の上の砂埃が舞い上がる場面など、このような場面は映画の特撮でしか見た事がありませんでしたが、本物の迫力は違います。最後に戦車が砲台を画面に向けて進んでくる場面がありますが、実際にそのような場面で戦車に出会うときの恐怖はどのぐらいなのでしょうか。
私は戦争はいやですが、日本がどんな軍事力を持っているのかを少しでも知ることは意味があると思います。

一般の人に親しみ易い雰囲気を作っているのでしょうが、館内に流れているFM放送は、場違いのような気がしました。軍歌じゃ嫌だけど、、
SANY0020.JPG
日曜日に家族でお弁当を持ってピクニックがてら社会勉強しましょう!

陸上自衛隊 広報センター
入館無料 開館時間10:00から17:00 休館日(月、第4火) 駐車場26台 バス5台
178-8501 東京都練馬区大泉学園町 TEL048-460-1711 
http://www.eae.jgsdf.go.jp/prcenter/index.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

50メートル泳ぎたい!海猿

中学1年のときに水泳大会の選手に選ばれました、当時平泳ぎすら満足にこなせないのにです。
教室で泳げないことを必死に訴えたのですが、聞いてもらえませんでした。なぜなら選手になりたくないので他の級友も泳げないと口を揃えて言っていたからです。
そして大会当日、25メートル自由形に選ばれた私は水しぶきをあげて水中に飛び込みました。遊泳距離5メートル、その地点でもがく私に差出された一本の竹ざお、棄権を知らせるアナウンスが無情に響いていました。

私は海もプールも好きです、しかし今でも息継ぎがへたくそです。だからプールでは25メートルなら息継ぎなしで泳ぎます。結果息切れしてターン出来ません。
たまに行く区営プールは1時間ごとに休憩時間があり、みんな笛の合図でプールサイドに上がらされます。その間水中を颯爽と泳ぐ監視員をぼけーと眺めながら、プールでの注意事項がスピーカーから流れるのを聞かされます、しかし室内のため音が反響し、さらにこもり、さらに安いスピーカーのためほがほがほがと何を言っているのかほとんど判りません。たぶん理解しているのは監視室のガラスの向こうで原稿を棒読みしている監視員のおねーさんだけでしょう。

屋外のプールでもやたらと監視員(といっても高校生のアルバイト)がうるさいところと、そうでないところがあり場所によって差があるようです。連中は溺れそうな人を見張っているのではなく、このがき少しでも小走りしたらこの拡声器で注意してやるもんねと待ち構えているのです。そういった監視員がいるプールでは「ふざけないで、走らないで、潜らないで、泳がないで、」と拡声器の声がずっと響いています。

これは海でも同じです、少し波が高くなり遊泳禁止になった海水浴場で見た光景は、監視員が水際にいる客に砂浜に戻るようにと注意する、その監視員の周辺の客が引き返す、しかし離れた場所の客は水際に、この光景が数百人いる海水浴客と2.3人ほどの監視員の間でのおにごっこが一日中繰り広げられていました。

なぜこうなるのかと言うと事故が起きたときに必ずその場所の管理者に責任を追及するのが普通だからでしょう。

いっそのことプールや海水浴場に来た客は事故が起きても全て自分のせいです、泣き寝入りします。と書面に記した人だけ入れれば良い。
SANY0027.JPG
少し遅れて海猿を観てきました。金曜日の最終回7時30分からの回はシネコンの劇場でも一番小さな部屋でした。客は10人ほどです。海洋アクションものかと思い見に行ったのですが、海上保安官訓練生の青春恋愛物語でした。
伊藤くん好きな若い男女はきっと楽しめたでしょう、前半はなんか見ていて照れました。
でも最後まで見るとなんとも爽やかな感動が、、、
邦画も結構あかぬけてきたと思いました。私は躍る大走査線よりも楽しめました。

TV版が前にNHKで放送されましたが、主演は国分太一、主人公の雰囲気が原作に似ているのはこちらですが、劇場版は、よりオリジナルな物語になっています。予算の都合で海難事故の救助場面などは撮れなかったようですが、それでも結構がんばった作品になっていると思います。
しかし藤竜也さんが出ると画面が引き締まるね、
「最前線に楽しいことなんかないぞ!」
この台詞は竜也さんだからこそ生きていると思います。
こういった作品が当たると邦画も楽しくなるのですが、
でも続編は、いらないでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.08

ヤマトよ何処へ行く、、

宇宙戦艦ヤマトの新作が企画されています。
日曜日、夜、カルピス劇場の裏番組で最初に放送されたときには視聴率も振るわず予定より短い放送回数で終了しました。1974年のことです。
SANY0017.jpg
その後再放送で人気が出てTVシリーズの再編集版が劇場で公開される頃にはものすごい人気になりました。
この時、ラジオの深夜放送※①でドラマが放送され、松本零士氏もゲスト出演していました。
しかし、ラジオドラマなので松本氏の名前はスタッフに含まれておらず、放送中に激怒した松本氏は途中で帰ってしまいました。この時からプロデューサーの西崎義展氏と松本氏には確執があったようです。その後映画は死んだ人物が突然現れたり、また前作でやっと助かった人物があっさり死んだりと訳のわからない作品が完結編まで続きました。しかし西崎氏は主題歌に有名歌手※②を起用したりと作品の話題作りは上手でした。

ヤマトが完結した後もデザインを一新したYAMATO2520※③も製作されましたが途中で中断しています。

やがてヤマトの権利をめぐり西崎氏と松本氏は裁判で争う事になります。
物語の設定などは自分が創造したと主張する西崎氏、メカニックや人物のデザインは自分が創造したのであり、それらが無ければヤマトは出来なかったと主張する松本氏の間で長い間、権利が争われていました。
その間にも、松本氏は新宇宙戦艦ヤマトをコミック誌に連載したり、ゲームソフト※④の製作に携わっていました。
新作のコミックでは旧作の登場人物の子孫(物語はヤマト1作目から1000年後!)がそろって登場します。1000年たっても同じ顔です。先祖からあずかっている腕時計にメッセージが表示され、みんなヤマトに集合します。その時に腕時計に現れるメッセージは日本語で「ヤマトに集まれ!」ここまで読んだところで10分程気を失っていました。

やがて裁判は和解となり、ヤマトのメカニックや人物の設定は映像において西崎氏に権利が認められました。松本氏がヤマトで認められた権利はコミック作品等のみになりました。

そのため大ヤマト零号というDVD映像作品を制作します。この作品はヤマトとはまったく関連が無いオリジナルとのことなのですが、登場人物もみんな誰かにそっくり、そして零号と呼ばれる宇宙戦艦にいたっては、旧作ヤマトの胴体にアルカディア号※⑤の翼をくっつけたようなデザインです。むかしはこんなバチもんのプラモデルがたくさんあったのを思い出しました。おそらく裁判の結果でヤマトについての権利を限定された松本氏が苦しまぎれに製作したのでしょうか。

西崎氏の方はヤマト復活編を2006年の公開に向けて準備中です。

ゴジラシリーズは平成のシリーズで設定がめちゃくちゃになり昇天しました。
仮面ライダーは別な作品になりました。
水戸黄門は路線変更の過ちに気が付き、方向を修正しました。
ディズニーはヒットした作品にあやかっただけの費用も時間も縮小した安易な続編を作り続けています。

新たなヤマトは何を目指し航海するのでしょう?
私にとってのヤマトは2作目(さらば宇宙戦艦ヤマト)で完結しているのですが、、、

※①ニッポン放送枠で放送されました。深夜のラジオドラマはこの後多数放送されました。
②沢田研二、島倉千代子、岩崎宏美、布施明、八神純子、等が主題歌を歌い、劇場版の完結編のナレーターは中代達矢が担当。
③1994年作品、デザインはシド・ミート 主人公の声は錦織一清、主題歌はTOKIO、ナレーター広川太一郎
④PS2で2本発売されました、豆のように表示されたヤマトの乗組員たちが地味に戦うのですが、見方が敵にやられ死ぬたびにいやな気分になりました。
⑤アルカディア号はキャプテンハーロックの船です。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.07.06

まったくアメリカのケーキってやつは めぐりあう時間たち

三人の主人公の中の一人、1951年のロサンジェルスに登場するローラ・ブラウン(ジュリアン・ムーア)が夫の誕生日に作るケーキ、濃紺のクリームで出来たそれは、日本ではまず見かけない色どりです。
旦那はこれを見てすごくよろこんでいた、向こうではこんなケーキ食べてるんですか?日本じゃ絶対売れない。
知人の結婚式でアメリカに行ったとき、ホームパーティでケーキが出されました、そのときもすごい色と思っていましたが、その何倍も強烈な色ですね。

ローラの旦那役のジョン・C・ライリー、この映画では紳士ですが、普段はパーフェクトストームの船員、ギャング・オブ・ニューヨークの悪徳警官などタフなが多いので一瞬別人かと思いました。
C.bmp

2001年のニューヨーク、クラリッサ・ヴォーン(メリル・ストリープ)はかつての恋人で今はエイズに冒されているリチャード(エド・ハリス)の世話のため彼の部屋を訪ねています。
リチャードは彼女に尋ねます「僕は君を満足させているか?僕は君を満足させるために生きている」リチャードに対するクラリッサの優しさは、彼を追い詰めていたのでしょうか。
すでに普通の暮らしを送れなくなった自分がクラリッサの負担になっているのはリチャード自信が一番判っていたのでしょう。

アビス(ジェームズ・キャメロン監督)のエド・ハリスと同一人物とは思えないほど病に冒された痛々しい姿で登場します。
パーティに誘われたリチャードはカニ料理があるなら出席すると言います。

私もアメリカでカニの蒸した料理を食べました。
ペッパーがきいていて少し辛いのですがとても美味しかったことを思い出しました。
日本の旅館で出るかにとは違い、新聞紙を敷いたテーブルに樽の中で蒸されたカニがそのまま出され、ハンマーで甲羅を割り食べました。これはビールにとても合います。
調理法は違ってもカニを食べているとき無口になるのは日本もアメリカも同じでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.04

7月4日 辻堂

7時にネットで波情報を確認、神奈川県の辻堂海岸へ、
8時に到着、駐車場の順番待ちが40分、9時から入水、11時まで海に入っていました。
思っていたより人も少なく、また小さいながら適度に波数もあり、充実した波乗りが出来ました。
10本ほど乗れたので(技量はともかく、)満足しました。
水温も上がっていて、天候も快晴、風も弱く、波は腰ぐらい、私には丁度良いコンディションでした。

早めに上がったので、少し寄り道しました。いつもは海から上がると家へすぐ帰るのですが、今日は海沿いを鎌倉方面へドライブしました。
昔から残っている店もあれば、江ノ島水族館のあたりはだいぶ感じが変わっていました。
由比ガ浜の海の家も今日はまだ開いていない店が多いようでした。江ノ電を横に見てさらに葉山方面へ、
奥さんと結婚する前にクリスマスにドライブした時、予約していなかったので入れなかったレストランは、今もにぎわっています。

20年前にこのあたりでウインドサーフィンを屋根に積んだ藤村俊二さんの乗った車を見かけました。
SANY0011.JPG

鎌倉では、20年前に小学校の友人が車の事故で亡くなり、友人と現場をたずねた事を思い出しました。

なんかあっという間の出来事でした。自分は同じつもりなのですが。
そして、車のルームミラーに移った自分の姿を見て納得しました。はげ親父、、、

※BGMは娘に薦められたクレイジーケンバンド あ、やるときゃやらなきゃダメなのよです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.03

おやじたち キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

偽造小切手犯のフランク(ディカプリオ)と父親(クリストファー・ウォーケン※①)恋人の父親(マーティン・シーン※②)そしてフランクを追い詰めるFBIのカール(トム・ハンクス)
catch.bmp

フランクが誇りにしている父親、彼は事業につまずきフランクの理想から離れていきます。しかしフランクは父親を愛していて、なんとか失ったものを取り戻そうと詐欺を続けます。次第にその犯罪自体が生きがいにさえなって行きます。
高校で教師になりすまし(1週間も!)それがばれたときにもフランクの父親は怒るのではなく、むしろ(やったな)という顔をして笑っていました。
やがて詐欺で大金を手にしたフランクが父親にキャデラックを贈ろうとしても、受け取ることはありませんでした。
父親はフランクのその気持ちのみ受け入れ、感謝し乾杯します。
クリームの入ったバケツにねずみが2匹落ちた、一匹はあきらめ溺れたが、残りの一匹はもがき続けやがてクリームがかくはんされバターになり助かった。
父親は自分は後のねずみだと言います。いまは落ちぶれていても自分でなんとかするさと、

恋人の父親は法律家と名乗るフランクに本当の目的は何だと問います。一瞬うろたえるフランクにお前はロマンティストだと告げ、自分も貧乏な時に妻に求婚したと告げ娘の結婚を許します。
裕福で仲の良い夫婦、しかしTVのミッチ・ミラー合唱団※③に合わせ歌いだす(すごいのりのりで楽しそう)変な面もあります。
mitti.bmp

FBIのカールは犯罪を続けるフランクを執拗に追い続けます。彼もある意味ではフランクにとって父親のようなものでしょう。実の父親がフランクを良い意味で突き放しているのに対し、カールはフランクの全ての行動に干渉します。
フランクが父親を放っておけないように、カールも息子のようなフランクをほうっておけないのです。

最近のスピルバーグの作品では後味の良い映画です。1960年代の時代を徹底して再現出来たのはスピルバーグならではでしょう。

※①
1942年生まれなのですっかり老けて太りました。クールな役が多いですが、この作品では小市民。
代表作はディアハンターですが、戦争の犬たちの傭兵役も渋かった。
※②
地獄の黙示録のウイラード役が出世作。カサンドラクロスでは、意味の判らない死に方してました。
※③
ミッチ・ミラー 1911年、英生まれ (クワイ川マーチを作った!)ミッチと歌おうは1961年から放映され日本でもNHKで放送されていました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

DVD インファナル・アフェアで泣きたかった

この映画は予告編がとても良く出来てますね。
私も劇場でこの予告編を見たとき、編集のうまさとはったりの利かせ方は最高だと思いました。

そして本編、予告編ほどアクションシーンは多くなく、むしろドラマ重視のしっとりとした作品です。
潜入捜査官と警察に潜入したマフィアのスパイ。それぞれを香港のスター、トニー・レオンとアンディ・ラウが演じています。それぞれの環境によって行き方も変わり苦悩が生まれます。
映画を見た後にマーフィーの法則の一節を思い出しました。
樽一杯のきれいな水に一滴の汚水を入れると樽一杯の汚水が出来、樽一杯の汚水に一滴の清水を入れても樽一杯の汚水になる

映像はスタイリッシュで主人公達にも魅力はありますが、なにか物足りないのはなぜでしょう。
私は男達の挽歌なみの感動を期待したのですが、それには及びませんでした。香港ノワールはあの臭さが味だと思うのですが。
男達の挽歌、落ちぶれてかっての部下の自動車番をしている、チョウ・ユンファが地下駐車場でテイクアウトの弁当を食べながら、出所したティ・ロンと再会し抱き合い泣くシーンが印象的でした。
冒頭の屋台のちくわ?みたいなファストフードなどが印象に残っています。マッチ棒をくわえたチョウ・ユンファなど一歩間違えばただのおやじなのですが、成り上がりのやくざに雰囲気が出ていました。

インファナル・アフェアでは登場人物たちの生活様式、風景そのほか、香港らしさは徹底的に排除されています。
これも国際化なのでしょうか?

トニーの上司のウォン警視役の俳優(アンソニー・ウォン)が良い味出してます。
しかしこの人濃い顔立ちです、一度見たら絶対忘れない顔。敵のマフィアの子分だってあの顔は忘れないでしょう。
合掌、、

ブラッド・ピットがアメリカでリメイクするそうです。大金をかけて、はでなドンパチ作品を撮るんでしょうね。
ますます泣けそうにありません。

どうでも良い事でしたが、TVで劇団ひとりを見るたびにチョウ・ユンファを思い出すのは私だけでしょうか。


| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.07.01

日本沈没 精進落としにふぐ、

小学生の時に、映画(日本沈没)を見たときに相当な衝撃を受けました。
特に東京大震災の場面で高層ビルから落ちたガラスが顔に刺さっている人や、車に挟まれている人を見たときは本当に恐ろしかったことを憶えています。
日本沈没は小松左京のベストセラー小説を映画化した東宝、1973年作品です。
監督森谷司郎、この作品が当たったので東宝は後にいくつものパニック映画※①を製作しましたが、この作品ほどの興業成績はあげられなかったようです。
上下2巻の長編小説を2時間20分に上手にまとめてあります。
主人公小野寺(藤岡弘)の操縦する深海潜水艇わだつみ(潜行可能深度1万メートル!)※②のデザインもすぐれています。CGなど無かった頃の東宝の特撮技術の本領が発揮された映画でした。
この作品のヒットですぐに続編のスピードポスターも劇場に貼られていましたが、実現しませんでした。
国を失った日本民族その後の物語になる予定でした。原作の小説も最後に第1部完と締めくくられていましたがこちらも第2部は発表されていません。
最近発売されているコミックの太陽の黙示録(かわぐちかいじ)は大地震で日本が2つに分断され、他の国に移住した日本人移民を描いていますが、もし日本沈没の続編が製作されていたらこのような内容になっていたのかもしれません。

映画の中盤主人公小野寺の母親の葬式のあと小野寺と小野寺の兄(新田昌玄)が精進落としでふぐを食べるシーンがあります。関西では関東ほどふぐは高価ではないそうですが、この場面でも普通の居酒屋のような店でした。
ふぐのなべを前にすでに日本酒の銚子が5.6本、ビールを飲んだ空のグラスもテーブルにありました。この兄弟結構酒豪のようです。もっともその後の小野寺は千鳥足で大阪の町をさまよっていましたが。

以前スーパーでふぐ鍋用のパック¥1000なりというものが売られていて、くさってもふぐだと思い、2パック購入、自宅でふぐちりを作ったのですが、、、、ぱさぱさしてひどい味でした。あれなら、鱈ちりのほうがましでした。

ふぐちりも、ふぐさしも良いですが私はひれ酒が一番と思っています。
アメリカ人の知り合いにこれをおしえたら、信じられないと言ってました。
熱い酒でさえなじみが無いのに、その中に魚のひれの焼いたのが入ってるのですからね。
でもこんなに美味しいもの飲めないなんて、かわいそうに、、、

※①日本沈没の後に東宝で製作されたパニック映画は、ノストラダムスの大予言、エスパイ、東京湾炎上、地震列島、首都消失、角川映画では復活の日、東映で新幹線大爆破などがありました。
※②わだつみのモデルになった実在する潜水艇しんかい2000でさえ潜行深度2000メートルでした。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« June 2004 | Main | August 2004 »