« レジェンドオブメキシコ | Main | 焼き鳥のおいしい店は »

2004.06.09

エンニオ・モリコーネ

5000人もの人間が一点を見つめ続ける、3時間もの間、同じ緊張感のままで。映画などの飲んだり、食べたりしながらとは違い、演奏にのみ注意を向けて、こんな時間をこんなにも大勢で共有できる事、そして感動をもらえたことにただ感謝するのみでした。
6/6(日)東京国際フォーラムでのエンニオ・モリコーネのコンサートを鑑賞してきました。
小学生の頃に荒野の用心棒の音楽を聞いてから独特の音楽にすっかり魅せられてしまいました。
今回の来日を知ったとき、まさか直接モリコーネの音楽を彼自身の指揮で聞けるとは思ってもいませんでした。
S席¥16000のチケットは購入するのに一瞬ためらいましたが、この機会を逃したらたぶんもう聞く事は(直接に)出来ないと思い切って申し込みました。

事前の予想では、演奏曲に合わせてその映画がスクリーンに映されるのかなどと思っていましたが、いざ演奏がはじまると、演奏者(200人!)が舞台に現れ、指揮者のモリコーネが舞台に立ち、すぐに演奏が始まりました。
最初は武蔵(日本向けのサービス)の演奏からはじまり、特別な演出も無いのに、演奏と歌のみでこれだけ聞く者を惹きつけさせる力に圧倒されました。

また、本物に出会ったときに大勢の人間がこんなにも真摯な態度になれるのかと思いました。

途中休憩をはさんで3時間もの演奏も終わりに近くなり、またこの日が公演最終日でもあり、もうこれでこのすばらしい時間が終わってしまうのかと思うと、非常に感慨深い思いでいっぱいでした。

飛行機が嫌いで、なお高齢、遠い同盟国、日本への旅を経て演奏を聞かせてくれたイタリアの巨匠に感謝します!
SANY0002.JPG
翌日早速購入したDVD アリーナコンチェルト 2002年イタリアでの公演、演奏は今回とほぼいっしょで感動を再び!

|

« レジェンドオブメキシコ | Main | 焼き鳥のおいしい店は »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22122/739098

Listed below are links to weblogs that reference エンニオ・モリコーネ:

« レジェンドオブメキシコ | Main | 焼き鳥のおいしい店は »