« 海からの引力 | Main | キルビルはタラ版キーハンター! »

2004.06.13

海の上のピアニスト DVD

嫌いな俳優が出ていても、作品が良ければ気にならなくなるものです。

ビンセント・ギャロは嫌いだけどバッファロー’66はいいね。
ニコラス・ケイジもやな顔、しかしフェイス・オフ最高(もちろんトラボルタも嫌い!)
アラン・ドロンもね、いやみな二枚目、でも冒険者たちはベストムービーです!

ティム・ロスも同じ、なんかジェームズ・ウッズを貧相にしたような顔だな。
しかし中盤マックスと一緒にピアノを弾きながら船内をぐるぐるまわるシーンからは気にならなくなりました。

見た人によって色々な解釈ができる映画ですね。
マックスの回想で進む物語だから余計そうなのでしょう。

学生の時に沖縄までフェリーで行ったことがあるのですが、着いてホテルでシャワーを浴びてたら床がぐらぐらーと。
陸酔いだったんです。
ティム・ロスも船から下りたら陸酔いがひどかったでしょうね、乗船した頃のマックスのように。

ティム・ロスはピアノが弾けないとインタビューに答えていましたが、メイキングを見ると結構上手く引いているようですが、、、


1998年(伊・米)ジュゼッペ・トルナトーレ監督

|

« 海からの引力 | Main | キルビルはタラ版キーハンター! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22122/764210

Listed below are links to weblogs that reference 海の上のピアニスト DVD:

« 海からの引力 | Main | キルビルはタラ版キーハンター! »