« 赤ワイン もつ煮込のレシピ  | Main | さるでも出来る料理 揚げもち »

2004.06.22

花火が始まるぞ!夕陽のギャングたち DVD

YUUHI
セルジオ・レオーネ監督 1971年製作 夕陽のギャングたち

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカはこの作品の3部作目にあたり。1作目は邦題、ウエスタン(ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ウエスト)になります。
夕陽のギャングたちはこの3部作の2作目にあたります。
私がこの作品を初めて観たのはTVの放映でした。2時間の放映なので正味90分。
しかしオリジナルは約150分あります。つまり1時間もカットされていたんです。

主演、ジェームズ・コバーン、ロッド・スタイガー、
銃と決闘の時代が終わろうとしているメキシコで物語りは始まります。
山賊のボス、ファン(ロッド・スタイガー)は革命家のジョン(コバーン)に出会い、革命のリーダーへと運命を変えて行く!
エンニオ・モリコーネの音楽がひたすら美しく流れます。
ファンが殺された家族を見つける場面の音楽は出色です。

ジョンは爆破のプロです。バージョンによっていくつもあるタイトルタイトル(①A FISTFUL OF DYNAMAITE ②DUCK YOU SUCKER ③GIU' LA TESTA ④ONCE UPON A TIME THE REVORUTION このタイトルは実際には使用されていません)のうち本編で何度か聞かれる台詞 DUCK YOU SUCKER(伏せろ!ばか)は最初のTV放映時には(花火が始まるぞ!)でしたが。その時と同じ声優で再録されたこのDVDでは(ふせたほうがいい)になっていました。
このほうがオリジナルに近いのでしょうが、私はTV版の台詞(花火が始まるぞ!)が気に入っています。コバーンの吹き替えはもちろん小林清(ルパン三世の次元はコバーンがモデルです)
夏花火をするときには点火するときに、この台詞できめましょう、誰も解らないけど。

ルパンと言えば、カリオストロの城で教会で神父に変装したルパンがガウンの下の爆弾を見せるシーンはこの映画のポスターのコバーンに良く似ています。

コバーンがバーで酒(テキーラか?)飲みながらレモンをかじるシーン見ると、どうにもがまん出来ずに画面を前にして私も飲んでしまいます。

むさくるしい男達の友情に、むせび泣きましょう。喉を焼くくらいの強い酒をのみながら、、、


|

« 赤ワイン もつ煮込のレシピ  | Main | さるでも出来る料理 揚げもち »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22122/819947

Listed below are links to weblogs that reference 花火が始まるぞ!夕陽のギャングたち DVD:

« 赤ワイン もつ煮込のレシピ  | Main | さるでも出来る料理 揚げもち »